FC2ブログ

ユーザータグ : 犬の記事 (1/7)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミさん(チワワ♀)7歳

5月23日が誕生日。もう7歳。いまだに赤ちゃん扱いしてるが人間でいうと44歳だとか。もうすぐ追い越されますな。
仕事帰りに百均へ誕生日プレゼントにとカジリ棒を買いにいった。

百均だけあってというか、そもそも犬用でもないただの工作用角材。(丸いが) どーせ中国製だろうし変な薬品が混じってないかとかも心配だが、一番懸念してたのは硬度。 ずいぶん前に買ったカジリ棒(これは確かペット屋で買った犬用のもの。ちゃんとした素材で出来てるはず)も、じょじょに削れて細く短くなり結局最後には消えてなくなった。 この角材(桐)はどうだろうかと思いながら、帰宅し、のこぎりで手頃な長さに切り、角をサンドペーパーで滑らかにし、与えてみた。

krm7.jpg

思った通り一心不乱にかじり始めた。

が、音聞いてるだけでも分かる。すごい勢いでボロボロと削れていってる。柔らかすぎた? 破片を飲み込んだり、その辺に食べ散らかしたり。  わー 待ったまったー! やっぱだめー  危険な香りがするのでいったん取り上げ。


そらそーだわな。 柔らかいからこそ工作用として選ばれたわけで。
すまんクルミ。 またちゃんとしたの買ってくるから。


突然クルミギャラリー
krm04か月
krm22歳
krm33歳
krm525歳
krm66歳


スポンサーサイト

春を探しに行こう

だいぶ暖かくなってきた。雪もとっくにない。
クルミ(チワワ♀6歳)も近所の公園ばっかりで飽き飽きしていることだろう。久しぶりにドッグランへ向かった。

道の駅に併設の無料のドッグラン。どこがイイかというと、タダだからだと思うが多くの人・イヌが集まって来てること。決して「タダだから」という理由だけではない。 いろんなお犬様たちとじゃれ合わせてやりたい。 有料のドッグランは、近場で知る限り、あんまり賑わってるとこがない。せっかくカネ払っても、囲いの中で放置させるだけではおもろくない。(クルミはもしかしたらそれでも楽しいのかもしれんが)

先客いっぱい。
DCIM1817.jpgDCIM1822.jpg

しかし、久しぶりなことを差し引いても、やはりクルミの人見知り、いや、イヌ見知り?度合は相変わらず激しい。 追っかけられたら逃げる。
DCIM1826.jpg
お尻をクンクンされたら逃げる(クンクンし返さない)。隅に追い詰められたら吠える・唸る。人間にちやほやされたときだけシッポと愛想を振りまくる。なんならもう人間のところにしか向かって行かない。 もうすぐ7歳。人でいえば40歳もすぎて立派なオトナのはず。 話を聞いていても(立ち聞き盗み聞き)他の犬たちはまだ1歳2歳のコが多いようだが、体格では明らかに負けているのでやっぱり怖いのだろうか。

ヨメがトイレの為に柵外に出たときも

DCIM1827.jpg

ずっと目で追っている。なんならときどき くぅーんくぅーん と寂しそうな声で鳴いたりもする。

これからもっともっと暖かくなればもっとこういうトコに来る機会も増えるだろうし、今更ながらもうちょっと他の犬に慣れる方向で頑張ってもらおう。


いや・・・、それをいうならまず飼い主自体が人見知りなので、他の飼い主たちの輪になかなか入っていけてないという・・・。 クルミのことばっかりとやかく言うワケにもいくまい。 おれたちが近づいていけば、犬同士も接近することになって、なんかウマいコトいくのかもしれない。 (・・・やっぱめんどくせーな)


人酔い・・・犬酔い?したのか、久しぶりに走り回って疲れたのか、帰りの車の中ではクルミは気配を消して熟睡してた。そんないらん技ばっかり覚えやがって。

犬連れの聖地?、八ヶ岳

犬連れでどっか行きたい、アウトレット行きたい、日帰りでもいいから!ということで、八ヶ岳に行くことになった。
ドックランなら近場にいっぱいあるし、アウトレットも近場にできたばっかりだというのに、なぜだか八ヶ岳。結構遠くない? 1泊2日旅行なら往路と復路が別々の日だが、日帰りだと、当たり前だが1日で往復しなければならんので1日に走る量は単純に倍である。 朝早くから夜遅くまで走りっぱなし。仕事で四日市や新潟行ってるのと変わらんぞー

だが、運転、嫌いじゃない。

朝5時、出発。 9時ごろ、八ヶ岳アウトレット最寄りの「道の駅こぶちさわ」に到着。 どしゃぶり。 数日前から天気予報が言ってた通り、雨。

前の日も起きてからも異常にテンションの高かったヨメはしかし、完全にむくれて、ご機嫌斜め。 何度となく「この雨男」と罵られるが、気にせず道の駅で買ったパンを食べながらアウトレット開店の10時を待つ。

小雨の降る中、入場。
今回ヨメが一番行きたがっていたお店に入って、熱い店員につかまって、やっとの思いで外に出てみたら晴れてる!太陽出てる!

DCIM1370.jpg
ようし 遊ぶぞー
(クルミ:チワワ6歳♀)

順番に店を巡ったり、テラス席で薬膳カレー食ったり、しつつクルミを連れまわす。
本当はドッグランにも行きたいのだけど、さっきの今ではさすがに地面濡れてるだろう。あとあとのことを考えるとめんどくさいので、パス。店の前の芝生広場をうろつく程度でクルミには我慢してもらう。 相変わらず人間には愛想いいが、他の犬に対してほとんど興味を示さない。 たぶんオバチャンとか構ってくれる人種が一番好きなんだろう。自分のことを人間だと思っているのかもしれない。 子供や赤ん坊に対して、ときどき威嚇するように低く吠えることがある。赤ん坊になら勝てそうだとでも勘違いしているのだろうか。

人ごみの中を歩いてて、若い女性2人連れが「カワイー♪」と言いながら近づいてきた。そしてすれ違いざまに、「いま、『かわいー』って言ったら反応したよ」って2人で笑ってた。 確かに『カワイー』には特に過敏かもしれない。しかしコイツは何て言われても反応するし、何て呼ばれても尻尾振るんです。


その後、清里の「萌木の村」という雑貨屋、工房、カフェなどが集まるゾーンへ行く。
お茶を飲んでぼけーっとした後、ヨメがお土産を物色してる間、店の前の杭にクルミのリードをひっかけて写真をビシバシ撮っていた

DCIM1418.jpg

ら、「私も写真撮らせてもらっていいですか?」とごっついカメラを構えた人が寄ってきた。「あー どーぞどーぞ 好きに撮ってやってください」
当然カメラ目線なんて気の利いたことができるはずもないので、おれがカメラマンさんの後ろに回りこんで手を振ったり名前を呼んだりしてなんとかカメラの方を向くよう頑張ってみた。
おれ「クルミ~ こっち向けや~」
カメラマン「あー クルミちゃんって言うんですね~ 名前も高原っぽい~」
おれ 「??」 クルミが胡桃だから?? よく分からんがしこたまシャッター切って去っていかれました。その後も、「私もいいですか?」と何人かカメラを持った方々が寄ってきて、なんかよく分からんがクルミ撮影会。

DCIM1421.jpg
(ちくしょう オヤツくれへんのかい)

結局今日も、クルミが一番可愛かった。←救いようのない親バカ

入れ代わりでオレが買い物しに店内へ。
鳥モツ煮とほうとううどん買う。(自分用の食いモンばっかり)
さーて帰りますかー

ガソリン残量のことをすっかり忘れ、気が付くと長野岐阜県境付近の上高地~安房峠~神岡町の山越えルート突入。 ガソリンスタンド軒並み真っ暗。さすが日曜の夜。 メシ食うとこもない! 燃料計残り1目盛り。 車も人間もお腹ぺこぺこで険悪な空気のまま富山県突入。 最悪JAF呼べばいいやん~と思っていたが、なんとかジェイクエスト発見。35リットルタンクに33リットル給油したから、推定残量2リットル以下。 なかなかにスリリング。 口では「なんとかなる」「計算上は大丈夫」などと言っていたが手のひらはぐっちょりべちゃべちゃだった。

片道220km、約3時間半。
四日市、片道330km5時間。 新潟東港、片道300km6時間半に比べると全然近いし、身軽な自家用車だから楽なもんですな。(また行ってもいいと言ってるわけではないので悪しからず>ヨメちゃん)

宇宙人がやってきた

チワワは毛の長さによって2種類に分けられる。
スムースコートとロングコート。

うちのチワワは、どっちかの親がスムースでもう片方の親がロングなのか分からないが、どっちつかずの中途半端な長さ。 ま、色も含めてその柴犬っぽさが気に入ってたりもするのだけど。
DCIM0993.jpg

しかしヨメはんはそういうボサボサ感を好まないらしく、なんかあるとすぐにペット屋に持っていってトリミングしてもらいたがる。 
「いまから寒くなるというのに可哀想じゃね?」「チワワらしくなくなるやん!」と軽く抵抗してみても全く聞く耳持たない。 ちなみに、おれに対しても、「毛のびるの早いねー」「早く散髪いってこいやー」などとしょっちゅう攻撃してくるので、もしかしたらただ単に短髪が好きなのかもしれない。(そのくせ自分はめっちゃロングヘア)

先日も、家に帰るとトリミングを終えたクルミ(チワワ♀6歳)がお出迎え。

DCIM0796.jpg

毎度おなじみの姿なんだけども、やっぱり笑ってしまう。お前は宇宙人か!

ドッグランの季節

去年の10月に行ったぶどう畑にまた行ってきた。犬連れで。

遅い時間ほど混むと聞いていたので開店と同時に突撃! まんまと一番乗りだった。 そしてテラス席の片隅に陣取り、注文。 「コーヒーとカフェオレとパフェとパンケーキ2枚」
犬とぷらぷらしたり、お店の看板猫・看板犬と戯れたりしながら、パフェが来るのを待つ。

DCIM1014.jpg DCIM0997.jpg

すぐにパフェはやってきた。 店員は何の迷いもなくヨメの前に置く。

やっぱ、そうなっちゃいますよねー

「あ、おれのっす」
「し、しつれいしました」
「ははは」

DCIM1001.jpg

パフェつっついてる間にもぞくぞくと新しいお客さんがやってくる。 そういう場所だと分かっているのか、かなりのお客さんが犬連れ。 へたなドッグランよりドッグランぽい。
飼い主同士でしゃべったり、犬同士でじゃれあってるのを眺めたり、クルミ(ちわわ♀5歳)と本気でダッシュしたり、しばらくくつろいだ。 

よめ「ほんと、いいトコですよねー」
店員「ありがとうございます のんびりしてってくださいねー」
おれ「仕事辞めてずっとココにいたいぐらいです」
店員「(苦笑い)」

テラス席も店内も満席に近くなってきたので撤収することにした。
トイレに寄って、厨房の脇から駐車場へ向かう。 カレーのめっちゃいいニオイがただよっている。 このニオイに抗える人はいるのか・・・ 次に来たときはカレー頼もう。 いや、待てん。 「今晩カレーでいい?」「異議なし」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。