FC2ブログ

ローリー&海コンの記事 (1/1)

1か月経過

異動してから一か月ほど経ちました。

ずっとコンテナ。ローリーの時はお客さんのトコに着いたら「仕事開始」だったのだが、コンテナの場合は到着=休憩開始。 場所によっては2時間3時間待たされるトコもあるし、そういうときは小説持っていったり途中でオヤツ買いこんだり、完全に仕事なめてます(笑)。


こないだ初めて行った中古の農機具屋。

コンテナに輸出用の農機具詰め込む仕事だったんだけど、定位置に付けて運転席戻ってさーくつろぐかーと思ったら後ろの方から声が聞こえてきて、なんかもうちょっと下がれとか荷台の高さ変えてくれとか言われるのかなーと思って降りてみたら、「終わったよ」とな。なぬー!まだ10分も経ってないのにー!

中のぞきこんでみたらでっかいトラクターが2台乗っかっていた。 ああ自走できますもんね・・・ホームからコンテナ内まで10mほど移動するだけですもんね・・・ ちょっとは休ませろー!


一番長かったのは朝8時着の仕事で7時半に着いて、14時までいた某倉庫会社。

途中でヘッド切り離して飯食いに行きました。小説もゲームもだいぶはかどりました。ただ待ってるのもツライんだよ!(嘘)


まあ基本的にはコンテナの仕事っつーのは荷物は触らないもんなんですけど、ISOタンクの仕事はフツーにローリー感覚で自分で荷卸しします。久しぶりのローリー仕事、若干緊張しました。 そして燃料ローリーと違ってISOタンクは1槽だし揺れが激しすぎることもひさびさに思い出しました。カンカン乗っても針がなかなか安定せずどうしたもんかと。



ローリーもコンテナも一長一短あるので一概にどっちが良い悪いとはいいにくいけれども、N石仕事から離れられただけでもすごい気分的にラクな日々を過ごしている。ただ今の営業所には無印ローリが何台かいるので、それに乗ってN石の油槽所に出入りすることは避けられそうにない・・・それが明日。ああ憂鬱。

どちらも一長一短ありますが・・・

昨日は追加攻撃を喰らって帰るのが遅くなった。
そんな、暑さとめんどくささで憂鬱になっていたトコロに差し込んできた唯一の光明は、昼過ぎに会社からかかってきた一本の電話だった。


「とらぁさん、明日、○○君が健康診断で休みなので、代わりにコンテナ乗ってくれない?」

「い、いいっすよ」

「朝一□□行って、13時着で△△」

「わ、分かりました」


朝遅い!終わるのも早い!!昼寝する時間もたっぷりある!!!

突然降って湧いたラッキーである。 朝から晩まで汗だくの日々にあって、束の間の安らぎとなりそうで、そのことだけが俺を支えていた。 4回転目のSSへの道中、お約束の帰宅渋滞にハマったが、さほどイライラすることもなかった。


んで今日。ひさびさのコンテナ乗務。

いつものようにクーラーBOXに氷とお茶をいっぱい持って行ったが、1.5リットルしか飲まなかった。タオルも1枚で済んだ。 読みかけのまま止まっていた雑誌も単行本もだいぶ進んだし、久しぶりにテトリスDSもできた。


配達終わって港に戻り、久しぶりのコンテナメンバーと談笑。

「ローリーどう?」

「暑い だるい」

「やっぱコンテナらくやろー」

「帰りたーい」


残業代は相当稼げていいのだが、この暑さが続けば「カネいらんから休ませてくれ・・・・」と泣きが入る日もそう遠くないかもしれない。もう若くないんだよ・・・

給料の話 2

うちのグループ会社に運送屋系の会社が3つあります。うちは液体輸送メインで、Aは粉体系、Bはなんでも屋など、それぞれ微妙に守備範囲が違っています。(親会社のトラック部門は美味しい仕事だけをつまんでいって、残りカスをうちら子会社と外部の庸車がやってます)


子会社3つともが唯一揃って出入りしてるのが海コンの仕事で、今日たまたまそれぞれの会社から1人ずつ集まって、3人でしばらく立ち話してました。 自然に給料の話になるわけです。


基本的には3社とも同じ労働組合に加盟しているので、根本的な給料体系には差は無いのですが、仕事の量とか拘束時間に差があるためにどうしても給料にも差が出てきます。(よく聞くと、資格手当てや休日出勤の対応などにも差があることが分かった)


A社、B社のおれより経験年数が少なく歳も若いアンチャン(失礼)がおれよりも大幅に多く貰ってると聞いて、愕然としました。自分の手取り額は結局言い出せなかった・・・ 思わず、「おれもA社に入れてくれ!」と言いました(笑) 実際、いま建ててる家の真裏にA社の車庫があるんですよねえ。通勤徒歩1分。


やっぱうちだけ恵まれてないのかなあ。 でも、ここ2,3年、同業他社からうちへ移籍してくる運転手はなぜか非常に多いんです。「前の会社は給料安かったんで・・・」とか言ってるのを聞くと(うちも大して変わらんぞ… なんで好き好んでこんな会社に!?)とか思うんですけど、下を見てもキリが無いってことなんでしょうかね。 難しいところです。

お昼ごはん

定時8時間の他に、休憩時間が1時間認められています。

いつ取ろうが、どのように取ろうが(30分ずつ2回に分けたり)、または取るまいが(休憩30分で切り上げた場合、残りの30分は残業として計上されます)、自由です。 休憩とは言っても、メシ食うか昼寝するかぐらいですけど。



家から弁当持ってきてる人、コンビニで済ませる人、外食する人、会社で出前や宅配弁当を取る人、いろいろです。


おれは結婚する前も今も、家でおにぎりだけ作ってもらって、オカズかカップラーメンをコンビニ様で調達するパターンが多いです。 コンビニ大好きっ子です。 お昼の時間帯(12:00-13:00)はどうしても混雑してるので、13時以降に突撃することが多いです。 40ft引っ張ってても意地でもコンビニ入ります。


トラックの中でご飯を食べるということに最初は抵抗ありましたけど、慣れたらどうっちゅうことはないですね。道行く車からキャビン(運転席)内部が丸見えだったりもしますけど、気にしないです。 意外と居心地いいです。住めば都(笑)


トラックの中でカップラーメンひっくり返したことあります。しばらく車内がトンコツくさかったです。 一口しかクチつけてなかったのにすげーもったいなかった・・・

ローリー vs 海コン

冬に乗ってたJ印のローリー(単車もトレーラーも)は冬期間だけの稼動で、4月になってお払い箱。車庫で眠ってます。 で、このまま黙っていたら夏場は重油とかガスとかヒマなローリーばっかりに乗せられてしまいそうだったので(=残業代が稼げない)、駄々こねてコンテナのレギュラーメンバーに割り込ませてもらうことになった。


いまコンテナ乗ってる連中も、以前はローリーに乗ってた。 みんなクチを揃えて、「もうローリーには戻れん!」「ポンプ掛けのやり方なんて忘れたよ」って言う。 なんと言っても体がラク。荷役しなくていい!寝る時間たっぷり!ひたすら走ってればいい。そんでもって、残業代も稼げる。 いいことずくめ・・・のようにも見えるが、気苦労も多い。


まず第一に「時間厳守」。 とにかく時間に追われることが多い。 あとは、配達が1つ終わったあと港に帰って、次の配達に行くのか、港と倉庫間のオツカイに使われるのか、次の日のコンテナを取りに行くのか・・・次の仕事をいちいち海コン仕切ってるボスにお伺い立てなくちゃならんこと。(早口でぼそぼそしゃべる人なので、電話かけても何言ってるか分からない! 聞きなおすと機嫌悪くなるし…)


ローリーはなんやかんやトラブルに遭って予定時刻に遅れそうなことがあっても電話連絡さえしておけば大丈夫だし、一日の仕事内容(配車)が予め決まっているので、「この配車なら、だいたい何時頃に、どこどこでメシだな~」ってな感じで一日の段取りが自分で決めれる。自分のペースで仕事できるので精神的に非常にラクである。


海コンは体がラク。気は使う。
ローリーは作業はメンドイが、気分的にラク。


みんなはもうローリーに戻れないなんて言ってるけど、おれは元々ローリーに乗りたくてこの業界に入ってきたし今でもローリーに乗るのは楽しい。 4回転7箇所卸なんて配車見たらゲンナリするけれど、終わったらそれなりに充実感がある。