1999年10月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1ヶ月半ぶり」ダイナマイト@戸出ダスラ

 早めに仕事が終わったのでフラフラしてたら、戸出ダスラの前を通りかかった瞬間に吸い込まれた。 覗いてみるだけのつもりだったのに、ダイナマイトのシマにおじさんおばさん一人ずつしか居なかったのを見て、「1万円ぐらいならええかな・・・」 昨日コンタクト落として、カネが要り用だっつうのに。
 まず店内を一周。目新しいところでレッドメテオを発見するが、誰も打ってないし、よく分からないし、やっぱりダイナマイトがええな。

 両隣が空いてる席に着席。コインを入れてレバーを叩く。
 絵柄が見えない・・・・ たった1ヶ月半空けただけなのに。 しかも、リール一周のタイミングすら忘れてる・・・ 5年近くも前に作った度の全然合ってない眼鏡をかけてるせいもあるのだろうが、それにしてもヒドイ。 目押しが出来ない人ってこんな感じに見えてるのだろうか。 こんな調子じゃ、3連マイトなんて押せっこないだろう・・・
 ま、左リールに白7狙ったり、ボーナス絵柄を揃えたり程度の目押しはすぐに思い出したが、 千円でプラム1回しか揃ってくれない。うげえ。 プラムの高確率状態を求めて隣の台へ移動。
 これまた千円で23回程度。ダメやん。

 オバチャンの隣に移動。3G目にいきなりリーチ目登場。 バッテンを狙ってると、「あ、入ったん?」と両手で両耳をふさぐポーズ。(この後も盛んに繰り返されて若干辟易。) んな大袈裟な。
 BIGボーナスをスタートさせ、さあ15枚!とレバーを叩く。 すかっ  ・・・あれ? よく見るとレバーの玉が取れてる。やりにくいなぁもぅ。 隣を見るとオバチャンの台も玉無しレバー。なんちゅう店だ。 逆隣の台のレバ玉を拝借して続行。

 さあ小役ゲーム。 中リール真ん中までマイトが滑ってきて、さあ15枚!と右リールを狙うが・・・・・・見えませーーん。 3連マイトの固まりを探すのがまず一苦労。 やっとこさ見つけた薄茶色い固まりを狙ってみたが、マイトは右下にのみ停止・・・ とほほ。 そして左リールには・・・ 3枚チェリ。 おいおい、そーなん? 俄然やる気。 結局そのBIGは即INの嵐でマイト役は成立せず、BIG終了後に光る数字は虚しい「32」。

 隣のオバチャンが素っ頓狂な声を上げたので見てみると、右リールのSTOPボタンがなくなってます。どうやら台の奥方向にめり込んでしまった模様。なんちゅう台だ。 「この店の店員、ほんま愛想悪いねえ」(いやマジで)なんてハナシをしつつ修理してもらってる(のを眺めてる)間に、コインは全部飲まれてしまった。
 どうしても15枚を揃えてみたい(というか、ビタ押し精度がどの程度落ちてるか確かめたい)ので次のBIGまで頑張ってみようと。 もちろん5以上の可能性が濃厚であるからして、信頼度の低い「ダイナマイトの高設定」とはいえ、やはり低いよりは高い方がいいに決まってるわけで、出来ればコンタクトレンズ費用出ちゃったりなんかしないかなあ~なんて儚い夢を見つつ、追銭。

 千円追加でBIG。10枚マイトのオンパレードながら展開に恵まれ420枚。ちゃんと15枚で取れてれば460~70ぐらいは行ってたんじゃないかな。ま、しょうがない。ぜーんぜん見えないんだもん。
 REG1引いたもののコレも結局全滅。千円だけ追加してヤメ。 カサス→ハサミ打ち赤7Wテンパイが見れなかったのが唯一の心残り。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。