FC2ブログ

2001年07月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年7月

7月1日(日)「女子OFF乱入&初打ち二題」#555
 例によって、まーくんメールで目が覚めます。
ま「扇に6獣王あるらしいっすよ でも駅南トヤマホールに向かってます」
 むにゃむにゃむにゃ…扇も獣王もどーでもいいし、駅南もなあ…打つモンないしなあ… はっ! そーいえば今日は富山系スロサイトネットワークの誇る美女三人がどこかに集って連れスロなさるとかいう日だったっけか。 その日まーくんが駅南に向かうってことは・・・つまりOFF会々場が駅南ってことなんだろうなあ。 でも、女三人集まって楽しく打ってるとこに乱入すんのも悪いし…、駅南行っても打つ台ないし…、ていうか、なんでよりによって駅南に集合してんだ? わざわざ!

 でも、呼ばれたからには顔ぐらい出しとかなアカンやろ。っつーことでいそいそ駅南。
 ナイツ中央通路側角台にTannyさん発見。その隣にはPoohさんが既にドル箱2箱目突入。しかも使ったのは僅かに千円とな。 噂には聞いていたがえげつない人だ。 その隣は…どう見ても男なのでMIWさんじゃないっすよね… 背中側のスーピカのシマにそれっぽい女性がいたけど、いまいち自信なし。スルー(笑) (実はビンゴだった模様)

 うろうろしてたらBMAXにまーくん&Jef-kyさん発見。しょうがないので(笑)座る。
とら「びーまっくす、初めてなんすよ~」  Jefky「今どきそんな人おんがけ(笑)」 まあ、正確に言うと3度目なんだけど、1度目は、隣の若い兄ちゃんがチラチラこっちを覗き込むようになったのでなんとなく7狙ってみたら揃ってしまった!…でもそれっきり。2度目は、ちょこっと打ったけど何も引けず。 という初打ち同然状態。
 チェリなしの赤7を上段に押すと熱いっすよ~等々講釈を受けながら打ち始めるのだが、ご両人は相当打ち込んでおられるようで高度な出目談義に花が咲いておりとっても楽しそう。 その横で、全く分かってない&全く引ける気がしていない&もちろん会話にも全く着いていけてない状態の彷徨える子羊が、黙々と現金投資。
 1万円一気に使ったあと、すっくと立ち上がって、「オレもう帰る!」と叫んで、ホントに帰ってしまおうかとも思ったけど、1万円負けたごときでそんなことすんのも大人げない話だし、「連れスロ道を分かっていない!」とスロキチさんに怒られてしまいそうだし、「移動します」とだけ告げて店内放浪の旅へ。

 が、やっぱり打つもんがない。結局またさっきの台に戻る。 好き嫌いの激しい小学生が居残りさせられて無理矢理給食たべさせられてる時の様な気分を味わいながら再投資開始。(あ、べつに、BMAXがイヤだって言ってるわけじゃないんすよ。あくまでも、例えでんがな。た・と・え(笑)
 左上に赤7(枠上にプラム)が止まった時はリプレイ揃わねえなあ。中リール中段にリプレイ滑ってくる事はよくあるのになあ…。とか思い始めた頃に、右横横まーくんから「それ2確やわ!」攻撃。(上段赤7赤7+中段リプリプ) あ、そーなんすか?ちょっと照れてみる。 そしてBIG。 手順とかハズシポイントとか教えてもらいつつ、一勝一敗450枚ぐらい。

 インチキくさい連チャンもなくまたも淡々と打ってたら、かずさんがやってきて「一緒にナイル打ちません?(笑)」と。 おそらく暖簾に腕押しぐらいのつもりで誘ってみられたのでしょうが、私の答えはあっさりYes。 さっさとBMAX下皿のコインをドル箱に詰め込んで(というほどの枚数も無かったが)、流し、ナイルパニックへ移動。

 これまた初打ち。 まさかこんなことになるとは思っていなかったので、じっくりと記事を読んだこともなく、予備知識は皆無に近い状態。(JACKゲームで全リールが真っ赤になれば集中突入の合図・3連青7停止に外れ無し・ぐらい) またも小山羊状態でかずさんに手取り足取り。

 女子チームはさっさと近場のファミレスへ河岸変え。おそらく彼女達にとってはここから先が本日のメインイベントなのでありましょう。爆勝Poohさんが「なんでも奢りますよ」と言ってくださったがそんな無粋はできまい。

 それにしても、噂には聞いていたが、シングルがぽこぽこ当たるのと、レギュも結構な割合で引けているので、お金を使うペースが尋常じゃなく遅い。(というかそれを「持ちコイン遊技」という) そのうちBIG引いたり、もう一回BIG引いたりしながら、でも肝心の集中が引けましぇーん。  右の方とか左の方で、ランプが点いたり、すぐ消えたり、ずーっと点いてたり、また点いてたり、一気に2箱出てたり。 うらやましいなーとか思いつつ、結局自分の台は短めの集中1回だけ。(と、BIG2回。 おいっ)
 もう一回ぐらい突入してくれよーと皆でガシガシ打ってたのだが(新たな楽しみ方を発見したのは収穫か)、Jefkyさんの2Gパンクでなんとなく場の空気が冷めてしまった様。 私の持ちコインが丁度尽きたところでなんとなくお開き。

 例によって2次会はココイチ。 かずさん、ごちそうさまでした。



7月5日(木)「スーパーマリオ」#556
 いちころさん&弟子の沢崎さん(仮名)と共に、パチの新台入替により正午オープンの加賀マリオへ。(言うまでもなく現地集合だ)
 例によって並ぶのは嫌いというか、立ってるのがシンドイだけというか、正面玄関前の人だかり(5人ぐらい)が消えるまで車中で待機。 開門と同時に店内へ吸い込まれていく行列(5人ぐらい)の最後尾をてくてく歩くと…みんな獣王の方に向かっていった。5人ぐらい。 ふふ。思ったとおり。

 タコスロの角台に座るつもりでいて、どっちの角がいいかな~って迷ってたんだけど、奥側角台付近には人がいっぱいいて近寄り難かったので自動的に手前角。 ずらずらっとタコスロ6台の面構えを見て全台3枚掛けランプが点灯してるのに気付く。 昨晩、いくらなんでも全員が全員、3枚掛けでヤメているとは考えにくい。 店側が、閉店から開店の間に、全ての台にコインを3枚入れてカラ回ししておいたと見るのが妥当か。 出目まで注意深く見てれば、なんらかの意図を持って止められたモノか、カラ回しされて自由気ままに止まったモノかの判断もついたかもしれないが、今となっては後の祭り。

 伊藤銀次作曲うきうきウォッチングのテーマと共に戦闘を開始するが、すぐさま立て続けにプラムが3コ落ちる。(高:12分の1ぐらい、低:70分の1ぐらい) もうもうと据え置き臭さが立ちこめてくる。 まだ空き台もいっぱいあるし…移動しようかな… と思った瞬間に、黄金のプラムorBIGから、しーーん…炸裂。 BIG後即ヤメ? んー とか思ってるとなぜか連チャン。この時点ではまだ6信4疑ぐらいだったが、6回目のBIG中に本日初スイカが降臨。 そしてそのスイカに「永久」の文字が刻み込まれているのが、私の目には確かに見えた。

 ぶんぶん10時間。ハマリと呼べるのは750G直、たった1回だコノヤロウ。(次点は350G) あとは延々両ボーナス引きまくり状態で、周りの人のこめかみが常にピクピク状態… なんだろうけど、そんなことお構いなし。

 お連れさん達がいまいち芳しくなかった様で無邪気に喜ぶわけにもいかず、家に帰ってから小さくガッツポーズした。



7月7日(土)「諸行無常」#557
 いちころーずに誘われて七尾タコ屋。 いろんなことがありましたので、どうしても素直に「モモタロでタコスロ打とう!」って気にはなれないのですが、たまには顔出しとかないと忘れられても困…いや全然困らないんですけど、まあ、たまにゃあいいかなーと。 とか言いながら出発前に昔のスロ雑誌をひっくり返して、シーマスターの予習。
 いざ店に着いてみると、結構メンツが入れ替わっておりまして、さらに一昨日も新台入れ替え(ダイナマイトキッズ(笑))だった模様であり、引き続き?全ての台に「高設定」札が刺さっております。 タコスロにも札が刺さってるんなら、…ていうか、せっかく覚えてきたのにシーマスターが見あたらないので、必然的にタコスロ。

 「はやくスイッチ入れてくれよー」等と監視カメラ目線で軽口を叩きながら、でも「こないだいっぱい勝ったし~ちょっとぐらい負けてもええわ~」みたいな余裕のある素振りをかましつつ、延々と続く現金投資の嵐をなんとか我慢していたのだけど、結局500分の1ペースに耐えきれずに戦線を離脱。 そして、その後タコスロのシマで突如として始まる全台一斉スイッチONを、遠く大漁2のシマから指をくわえて眺めていた…

 けどまあこっちはこっちで、あの陳腐なBGMが鳴りまくってくれてるので、チャラ線ぐらいまで行ったらとっとと逃げちゃるわいっと思ってネジネジしていたんだけど、ありがたいことに北電子仕込みの裏側までもを堪能させていただいて、結局、あ"ー う"ー



7月9日(月)「盛者必衰」#558
 前回とほぼ同じ額を使ってBIGを1回とregを2回も引けました。 しかもその唯一のBIGがなんと見事2パンしてくれました!
 最後に千円残すかどうか迷ったのですが、結局、財布空っぽになりましたよ。ふん。


 さて、そんな感じで。
 ヒキツヨ王等と呼ばれてかなりその気になっていたり、また実際、過分なヒキによって思いも寄らない結果(特に、初期投資額の少なさが尋常じゃなかった)がもたらされたりしていたここ最近でありましたが、まあ、そういう良い状態がいつまでも続くはずがないという事も重々承知はしておりまして、私の左腕にも、遅ればせながら梅雨入り宣言が発せられたようであります。

 これ読んで、「ザマーミロ」とか思ってる人おるんやろうなあ。ちぇっ(笑)



7月10日(火)「トドメ」#559
 扇ベンツから「タイムクロスがどーのこーの」メールが来てたので、前回前々回のエグイ負け(「勝ち」の枕詞が「エゲツナイ」であり、「負け」の枕詞が「エグイ」でございます)が本物であるかどうかをちょいと確かめに行ってきた。

 高設定っぽい台を打って尚、引け負けしてるようなら本格的に梅雨入り宣言を発してしばらくおとなしくしてるつもり。 ただ単に台選びの時点で間違っていただけというのであれば、今後ともひとつよろしくどーぞ。
 ただ、7日は店がアレだし(笑)、9日は大いなる勘違いにて全然違う台に突撃してしまって、途中で気が付いたんだけどヤケクソスイッチはもう元には戻ってくれなかったというか、勢いとちょっとしたノリで財布空っぽにしてしまっただけ。 …という、一応自分の中では言い訳めいたモノがあるので(←それをこそ「言い訳」というのだが)、実は相変わらず結構楽観的。

 そのタイムクロスは生憎満席。 ぐるっと一周してるとハードボイルド(以下HB)のシマにJefkyさん発見! と、隣にまーくん発見!! うあ、さらにスロキチさんまで!!! ぬおー 3人並んで打っておられるとは!
 さ、サイン貰っていいですか? 一緒に写真撮ってください! …等と言えるハズもなく、何故かJefkyさんの隣がものの見事にシマで唯一の空席だったので、目ぇつぶって座る。

 次々と千円札をやっつけていき、液晶もスイカ&チェリーも完全無視で黙々と打ち、全ての夏目漱石が天に召された頃、ようやく催眠術がとける。 当然ながら、見事なまでに印象に残っておりませぬ。 

 何事もなかったようにタイムクロスへ移動。ぼちぼち引いたりハマったりしてると、ハードボイルドを投げた人達が移動してきてまたしばし並び打ち状態になるが、その頃には既に各人の大勢は決していたというか、1人抜け2人抜け…

左リプウィンスイカ、右ゲチェナ
(銀の扉。左ビタ、右オヤジ。画像pakuried from Gakuさんとこ)
も見れたし、白い魚も釣れたし、余は満足じゃ。

…とか言って、立ち回りを棚に上げて素で喜んでいるようじゃぁ、やっぱしばらくおあずけだな。
(とらきち家の「しばらく」は3日間ぐらいらしい)



7月13日(金)「きっちり3日後」#560
 お隣石川県で暗躍中のTAKAさんが寺井アポロでお誕生日チャレンジvsタイムクロス(終日設定6)なさってるそうなので冷やかしに行く。

 久しぶり2度目の寺井アポロ。 正面玄関から入っていくと、「前来たときはタコスロあったけど、どうかな~」とどきどきする間もなく、店の左半分全部裏モノ。潔いというか、分かりやすいというか、思い切りすぎというか。恐ろしい。
 んでもって右半分がなんと北電子&ベルコの光り物軍団で占拠。 …はウソで、A700、A400、サブ基盤モノ、光り物。 定番勢揃い~って感じのまあ普通なラインナップ。

 TAKAさんとも久しぶり3度目の御対面。 1度目は、高柳オーロラで行われたTAKAさんサイト&うちの合同OFF会で。 2度目は、加賀マリオで偶然バッタリ。
 軽く挨拶などしつつ、店内を徘徊してみたが、タイムクロスには空き台なく、かといって他に打ちたい台もなく、
とら「マリオ行ってきますわ(笑)」
たか「マジで?(笑)」
とか「また夜にでも来ます~」

 自分の頭の中にある地図ではすぐそこぐらいのつもりだったけど、エアコン効かないせいか、かなり遠く感じた。
 入店してすぐに、いちころ's弟子君を発見。なぜかイプシロンを打っておられます。
とら「ちーっす タコスロ打たんが?」
沢崎「ここ数日若い奴らが群がってて、なんか締められてるような感じなので」
(”若い奴”て、お前もジューブン若いっちゅうねん!)

 まあ、そんなこと言われたってタコスロ打ちにわざわざやって来てるので他の台など打つ気ナシ。(「もしも」の日のために一応予習はしているのだが) とりあえず左端の台から右方へ1000円カニ歩き開始。 全6台のタコスロのシマで唯一の先客おじいちゃんも、中程から右へ向かってカニ歩き中。 私自身は決してそういうつもりはないのだが、端から見ればどー考えても「おじーちゃんの後を姑息に追っている若者」の図。 …若者じゃ!
 おじーちゃんが右端まで到達してしまって、どーするんかな?って見てたら、reg引いてreg引いてBIG引いて… カニ歩きモード終了。 しょうがないので私はまた左端に戻る。 何やってんだか。

 こっちもなんとかreg引いてBIG引いて、なんとなく下皿がこんもりしてきたところで、沢崎君が隣タコに移動してくる。「(イプシロンは)めっちゃ疲れますわ~」
 タコ談義しながら並んで打ってたが、例によってスイカの引けない2人。 滑らんわ~ おもろないわ~ と愚痴りながら、総投資合計が1万円になったところでギブアップ。 どーせ引けない時期なんだから深追いするだけ無駄。

 夜に来ますとか言ってたくせに、昼過ぎには既に寺井アポロに逆戻りしてます、ちょっとかっこ悪いわたし。
 ちょうどタイムクロスが空いてたので隣で打つ。 午前中に寄った際、肝心のお誕生日の挨拶を忘れていたので改めてご挨拶。 おめでとうございます。いくつになられたんですか? いくつに見える~? …

 BGMがうるさすぎて連れスロには向かない店だけど、女店員(若い娘ばっかり)の制服が良し。足好き(というかフトモモ好き)にはたまらん店ですばい。



7月16日(月)「そろそろ灰になってもいいですか?」#561
 どーせ引けないのは分かっているんだけど、誘われたからには行かねばならぬ。それが連れスロ戦隊((c)スロキチ)の悲しい定め。 …ていうか、何かに託けて打ちたかっただけなのさー もしかしたら何かの間違いでサクサク引いてくれるかもしれんしー
 いや、それはただ単に「意志が弱い」と言うのでは?

 運/不運以外の部分で明らかな失着はあったものの(←余計タチ悪いな)、やっぱりボッコボコ。 出先で勧誘喰らったので現金の持ち合わせが少なく、久しぶりに銀行行き。やっぱ仕事してないと残高は増えてませんわね。 そして、さらにボコボコ。

 頭も使わず、テキトーな台に座って、ガンガンお金使って、へらへら笑ってて、ある意味とっても贅沢な遊びと言えなくもない。 …いや、遊びと言うからにはもうちょっと楽しませてくれてもええんとちゃいますか…



(すんません。読んでるだけでブルーになってしまいますね。かたじけない。次からは、パアー!っと参る所存でありまっするとみせかけてありま温泉… もーだめだ)



7月20日(金)「タコスロサミット」#562
 兵庫よりしょうきちさんをゲストに招いての北陸タコスロツアー初日。 2泊3日という行程と、北陸三県で全10軒あるタコ屋各店の状況モロモロとを勘案して、とりあえず加賀マリオ→山代ジャンボラインで内定。あとは、雰囲気と勢いで行き当たりばったり。

 早朝に出発すれば10時頃には加賀入りできるカモ、ということだったので、私もそれに間に合うように自宅を出発。 したつもりが、気合い入りすぎて9時半着。代車スターレットくんがかなり頑張った模様。 「いちころ弟子1号君」改め「山本(本名)君」を含め10人程度が並んでいたけど、暑かったので「ネオン蝶」読みながら車中待機。5巻はいつ出るんでしょうか?

 9:50、しょうきちさんよりTEL。「名神がかなり混んでるんで、2時間ぐらい遅れそうです」あい了解。お気をつけて~ とか言ってるうちに開門。若い衆と一緒になだれ込む。
 例によって、タコスロと獣王の席だけがみるみるうちに埋まっていくイベントデー2日目。とりあえずタコスロ角台にボスブラックgoldを投げ入れ、店内の様子を見て歩く。山本がキープしてる台だけ1枚掛けランプ点灯。他の台は3枚掛け状態。 前夜の閉店直前と出目が変わっていないらしく、昨日の状態なども考えると上げ濃厚だそうな。 ちくしょ~いい台取りやがって~ やっぱ毎日通えるってのは強いよなぁ…等とうらやましい光線を出しつつさらに徘徊すると、「本日の高設定」なる旗台が多数存在していることに遅ればせながら気が付く。 一周し終えて戻ってみると、自分の台にも旗が刺さっていた。いま気付いた。

 が、序盤は大停滞。

 左端台のみが1枚掛け状態になっていたこと。その台を連日通い詰めの山本君が押さえていること。
 右端旗台が空いていたにも関わらずその隣をキープしていたメガネさん。
 2台存在する旗台のそれぞれ左隣の台が鈴木大地ばりのスタートダッシュをかましており、なんか罠に填められたのか?っていう気がし始めてくる。

  旗       旗


君 山













2 メ



ん 拙


 なんとか無難に立ち上がってはくれたけれど、旗が刺さってるというほどの勢いは感じられず、隣の台を苦々しく眺めているだけ。 まーくんがちょっと遅れて到着。おっちゃん2があっさり撤退していった後にすっぽり収まる。
 そうこうしているうちに、山本君のお連れさんが若干のコインを持って撤退。初打ちとおぼしきタコスロは趣味に合わなかったのでありましょうか。 そして山本君がその旗台に移動。最初に座った左端台は「据え置きぽかった」とのこと。

 一気に1500枚ぐらい出たメガネさんの台が一転激ハマリ中で、「でもどーせ、ハマリ明けたらまた噴くんやろなー」と戦々恐々としていたんだけど、可哀相なぐらい一気に全滅。 追銭することなしに撤退なさいました。
 そしてこれは・・・ハッキリ言ってかなり美味しい状況であります。 どこまでハマるか分からんが、そこまで頑張れればまたバラ色の展開が待っているハズ。…ハズ。 かなり揺れる。 迷ったが結局下皿ちょびっとのコインを持って移動。

 アッサリ飲み込まれ、深追いする気にもならず、放浪モードに突入。 ニュートラッドの方からなんかいいニオイがしてきたので座ってみたり、同じく放浪中のまーくんの横に座ってコングダムを初打ちしてみたり。
 昼過ぎ、しょうきちさんにTELしてみる。「まだ京都にいます~ 高速降りて1号線走ってますわー」 どわー、全然進んでないっすねー

 「これ、6っすよ~ 判別のやり方教えてくださいー」と調子に乗ってコインを増やす山本旗台。等価の店に6なんかある訳ないっつーの!とか言いつつも、圧倒的なreg先行のボーナス比率と聞けば、もしかしたらもしかするかも…と一応、落とさない手順を教え……たにも関わらず結局判別してないやん!(笑)

 性懲りもなく最初に座った台に戻ってみると、なぜか一転、「旗台」らしい挙動でもりもり一気にドル1完成。 両旗台は安定のドル2コースだが、残りはおそらく………でありましょうってな情勢。 その、「ハマリ明けにまた爆発するハズ」の台にはまーくんが座ったが、即爆はしなかった。 …深追いしなくて良かった(笑)。 いやいやいや、そんなこと言っちゃいけませんね。 確かにすぐには噴かなかったけれど、しばらくの停滞の後、箱使用モードへ移行。

 そして、しょうきちさんらしい人が入店。風貌に関する打ち合わせは一切していなかったので確信が持てなかったが、とりあえず駐車場に出てみると宮崎ナンバーの車両を発見。 ひっ捕まえて聞いてみるとビンゴでありました。 4時間ぐらいで着く予定だったところが、なんと結果的には12時間もの長旅(というか大半の時間は停止車両内に軟禁状態といったところでしょうか)、大変ご苦労様でございました。

 しばらく並んで打ったりしつつ初日のスロは終了。 メシ食って、風呂入った後(個室式特殊浴場ではありませんよ(笑))、タコスロ続編について大いに語る。

今日の天国から地獄




喜び勇んで千円札をめくると…






7月21日(土)「二日目」#563
 本日は、新婚おめでとうございます!のいちころ氏も合流。 いくら「等価のタコスロ」とはいえ、6台しかない店で、4人が4人とも勝つというのは土台無理な話であります。少なくとも、和気藹々とはほど遠い宴になるのは間違いないでしょう。 ていうかまあ、並ぶ気もダッシュする気もないんで、台取りの時点でおそらくアウトなんでしょうけど。 そんなわけで、おそらく日本最大規模のタコスロ設置台数を誇る(と思われる)山代ジャンボへ。(18台あります)

 各人、最初の台で速攻食いついたり、あちこち移動したり、しつつ4人合わせて1万枚近くを獲得。 次に行ったときに店が潰れていないことを祈るだけであります。

 焼き肉食いながらさらにタコスロ2の話。(そのうちまーくんトコに概要が公開される…のではないかと思います。待ってまーす(笑))
 「帰りの渋滞のことを考えると明日帰るよりは、いま夜中に走った方がいい」ということで、しょうきちさんがお帰り。解散。 爽快に勝っていただくことができなかったのが若干の心残りではありますが、遠路遙々お越しくださいまして誠にありがとうございました。 また、まーくん、いちころさんご両人も、お付き合い頂きましてありがとうございました。

今日の地獄から天国






(中リール止めた時が地獄(滑り付きでほぼスイカ確定)。で、右リール止めた瞬間に天国(BIG確定)に逆戻り)



7月23日(月)"time flies"#564
 私のスロの師匠ともいえる人物が出張で金沢へお越しになりました。学生時代の1コ上の先輩で、パチスロのみならずあんな事やこんな事や…も教えて頂くなど、学生時代の後半数年間を引きずり回して頂きました。(お互い、学校へはますます行かなくなっていましたとさ)

 16:58に金沢駅着ということだったので、「んじゃ17時に駅西ジャックアンドベティ(←冷静に考えたらすげー恥ずかしいネーミングだ。太郎と花子みたいなモンだろ)で待ってます」とゆー段取り。 16時半過ぎに到着して、しばらくクルマの中でマンガでも読みながら待ってるつもりだった、つまり、パチ屋で待ち合わせとはいえハナから打つつもりは全くなかった …のですが、16:33に緊急連絡。「汽車(こっちでは電車のことを汽車と呼んでいます(笑))乗り遅れたわー 30分ほど遅れるわー」「わ、分かりました」 30分分のマンガしか持ってきていなかったので、そーゆーことなら

 ジャグラーに座って暇潰し開始。 千円札をサンドにぶち込む度に隣のオバチャンに気の毒な顔されながらも、めげずに突っ込み続けてようやく、ネジネジするまでもなくGOGOランプが点灯するハズの目が出現。 あんまりネジってると隣のオバチャンに感づかれてしまうので、さっさと指離してさっさと揃える。 「どーせ連チャンするんやろうから」と、ガンガン突っ込んでいたというのに、大して連チャンしてくれるわけでもなく、というか、時計見たらもうすぐ17:30。 速攻流して、交換所を求めてぐるっと一周して(かなり久しぶりだったので場所を忘れていた)、用を足そうとトイレの戸を開けた瞬間に、バッタリ遭遇! お久しぶりですー

 後のことは、スロ日記として敢えて書くほどの事ではございません。
 翌日朝からどっか行くか?ゆー話も出ていたのですが、大きく寝坊。(打つ気なんて元々なかったともいえる) 以前2人の主戦場であった野々市大将軍の変わり様を見に行ったぐらい。例のオバチャンに会えなかったのが唯一の心残りか。



7月28日(土)「日記書くのをすっかり忘れてた。」#565タコスロDJアラベスク@入善ホール
ふらふらっと打ちに行って痛い目に遭った。
もう二度と打つもんかと思った。
後悔役に立たずとは昔の人はよく言ったもんだ。



7月31日(火)「定例タコスロ会第12節」#566
 30分遅れで到着してみると、既にいちころ様はニヘニヘ中。
 続いてまーくん様が到着する頃には、私めがニヤニヤ突入。そして2時間でBIG10回強という破廉恥極まりない噴きっぷりで、早くも「帰っていい?」「ヤメていい?」発動。

 そして、真っ昼間から寿司を食うという暴挙に出たのがマズかったのか、食事休憩後の御約束ともいえるハマリに突入。(当たりクジ自身がどこかで休憩してた模様) 斜めになったまま悶々としてると、今度はまーくん様がウハウハ突入。
まー「やっぱさっき食ったタコが効いとんがいわ。がはは」 あのぉ…、私もタコ食べたんですけど…

 7orタコorBARが揃いまくるまーくんの横で、さっきとはまるで違う意味合いの「帰っていい?」「ヤメていい?」を連発し始めて周囲を困らせる私であったが、先ほどまで全く逆の立場で辛抱に辛抱を重ねていたまーくんの事を考えると、むげにブー垂れるワケにもいかず(というか実際ブー垂れまくりであり誠に申し訳なく思う次第。)、「ネクタイ帰りたい」になりながらもなんとかBIG間1300G(ぐらい)で乗り越え、でも明け2発ぽっきりでギブアップ。

 皆それぞれに派手な見せ場があり、申し分のない宴でありました。


et>スロ日記>2001年>[7月]
next8月
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。