2001年11月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年11月




11月3日(土)#592
 あんなこと(BBS参照)書いておきながらやっぱり他にすること無し。
 利賀村での所用を済ませ(何の用やねん)、どこ行こうか迷った挙げ句なぜか砺波の金太郎。しかもどん2。

 なんだかんだ言うてもやっぱどん2おもろいです。 液晶演出(小役orボーナス系)の出現頻度と期待度の辺りのバランス加減はさすがにタイムクロスには遠く及ばないけれど、それでも意表を突くパターンありーの、予告無しでのリーチ目察知ありーの、オオアタリーの声で右肩をピクピクさせられーの、飽きずに遊べます。 もっとリプナビ(右から青金魚)とかベルナビとかがちゃんと外れてくれれば言うことなかったのに、と今さらながらに思います。 タイムクロスだったらどの予告もそれなりに期待感は持てますからね。




11月4日(日)#593
 あんなこと書いておきながら2日続けてパチ屋に入り浸り。はあ…

 タコスロ23番台に座って、順調に食いついて、あとはのんびり打つだけ~だったのだけど、直射日光が背中を直撃、盤面が眩しいだけなら我慢もできようが、暑くて熱くてやってられん。 タコのシマで日陰になってるのは唯一1台のみ。しかしバリバリ全開で稼働中。 しょうがないのでスーパーリノへ逃げる。

 「なんかストックしとるらしい」「あの告知は心臓に悪い」「滑りが熱い」程度の予備知識しか持ち合わせておらず、スロキチさんに問い合わせたりしつつちんたらちんたら探りながら打ち続けることになった。
 引いたそばから放出してるような展開で、いまいち”寄せて上げて”感は味わえなかったのが残念。




11月11日(日)#594
  全く覚えてません。七尾でタコスロ打ってた模様。




11月17日(土)#595
 仕事帰りいつものゲーセンでタイムクロスとドン2打ってたら、本物が打ちたくなったので扇ベンツへ行ってみる。
 見たことも聞いたこともない台がいっぱい繁殖していたり、どん2が撤去されていたりしたけど、タイムクロスは健在。 一瞬デカドンに心を動かされたが、「えこひいきコーナー」に指定されてることもあっておとなしくタイムクロスを打つ。

 いきなりモリモリはまってるんですけど…

 タイムクロス君たら裏モノ並に燃費の悪いもんだから、えらい勢いで千円札が抹殺されてしまって、「何しに来たんだろう…」と後悔することしきり。
 最初は、「結果はともかく、とりあえず大当たりひければそれでいいや。熱めの演出で多少なりともドキドキさせてもらえればそれでいいや」的な、まさに仕事帰りのサラリーマンパチを満喫するつもりでいたのだけど、ここまで来たらもう引き下がれまへん。トコトン行ってやらあ! …と、これまたサラリーマンパチにありがちな風景か。

 どぎつくハマったのは最初だけで、その後はやんわりと行ったり来たり。 熱いとこから、薄いとこから、いろんなパターンを堪能できてかなり満腹気味。




11月18日(日)#596
 東の方に行ったついでに、入善ホール。
 どう転んでも右肩上がりにしかならんだろーと思われる台ではあったが、時間があんまりなかったのと、やっぱあの空気では一人飛び抜けるのも憚られ、キリのいいところで勇退。
 が、贅沢言っちゃイカンのは分かっておるが、さすがに8枚交換は実入りが少ないですな。 ヤクルト2本も要らんっつーの。




11月22日(木)#597
 タイムクロスでやられ、どん2の代わりのデカドンでやられ、たどり着いたのはナイツ。なんでナイツかっつーと、それはナイツ。いや内緒。 あ、いや、サービスコーナーに指定されてたから…ただそれだけです…

 生まれて初めてノーマルBIG(チャレンジBIG?)引きました。 ハイパーゾーン中にBIG引いたのも初めて。 バウンド見たのも初めて。 ナイツ打ってるといつの間にか隣の席にまーくんが座ってた…のも初めて。

 ”引けども引けどもノーマルBIGの刑”を喰らって「これが噂のreg地獄か…」としょんぼり、そして我慢の末にようやくやってきたド派手なハイパーBIGの連続性を味わいちょっと有頂天。 そりゃ荒くなるわな~と一人納得。

 今日はハイパーBIG中の取りこぼしはありませんでしたよ。




11月23日(金)#598
 ひさびさいつものタコ屋。若い衆が増えたのう…とか思いながら、唯一の”両隣が空き台”に座る。

 昼過ぎ、ファン感謝デーだとかで、クジの入った箱を持って店員がまわってくる。斜め後ろのいつもタコスロ打ってる兄ちゃんの足下には既に「3等 電気ポット」の箱が。 えいやっとテキトーに1枚引いて中を見ると…「残念」 これが普通です。

 用意したクジが余ったのか、予想外に来客数が少なかったのか、2回引くハメになったが結局また「残念」
 まあ、クジ的にはハズレでも座った台はもろアタリ。 隣の兄ちゃん始終半ギレ、わし終始半笑い。




11月25日(日)「新イガイナアナバ?」#599
 覚えたての「バウンド」の味が忘れられず、同機能搭載機であるところのキングパルサーを打つべく、5代目設置管理者にメールを送ってみる。「キングパルサーどっかにないけ?」「○○と××と△△にありまっする」

 一番近い○○へ。
 満席だったので隣のシマのタイムクロスやらデカドンやらで暇潰しをしていたが、本来の目的には全く近づかないばかりか、逆に、返すアテのない負債を大量に抱えるはめになってしまってなんとなく我に帰る。 ご利用は計画的に。

 二択Q17のお題提供者様Aさんが勤務されておる、割と近くのパチ屋へ。
 Aさんはいなかったが、なんか豪勢な札が刺さっていたので、どん2に座る。 すでに、キングパルサーを打つ為に家を出てきたことなどはすっかり忘れて順調にボーナスフラグを引き当て続けていたのだが、ついうっかりファン感謝デーの2等クジまで引き当ててしまう。

 当たりクジを持ってカウンターへ向かう途中、髪の毛がバッサリ切られていて雰囲気はかなり変わっているがおそらくAさんに違いない人物を発見。 挨拶代わりに当たりクジを掲げてみると、軽く会釈されたように見えたので、ずいっと近づいて「ちーっす」 …返ってくるのは静かな会釈のみ。 もしかしてオレだと気付いてないのかな?それとも他人のそら似?

 とりあえず後回しにして、景品を交換しにカウンターへ。
 2等景品がルームランナー(みたいな物)だと知って、そんなん要らんわーと思い、さらに住所氏名まで記帳させられると知って、マジで「じゃあ要らんわ」と言おうと思ったけど、ネタネタと思いながら渋々記名。ブツを車のトランクに放り込み、勝負再開。 その後も、ミソをつけられることもなく順調に気持ちのいい展開のまま終え、たまったコインを流してから勇気を振り絞ってAさん風に近づいてみる。

とら「Aさんですよね?」
K「はあ」きょとん
とら「とらきちです」
K「ああー」
とら(やっぱり気付いてなかったんかい)
K「ヒゲがないから分かりませんでした」

 そんな感じで帰宅。オムロン社製ヘルスフルステッパーHBE-820は今も車のトランクの中で開梱される時を待っている。



et>スロ日記>2001年>[11月]
back←10月 12月→next
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。