FC2ブログ

2002年06月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002年6月 扇ベンツの後釜探し/ブリ?掛尾スロットマン?大花火?

6月2日(日)「タコスロ+阪神= 」#662
 極東タコスロ遠征。ある意味アウェイ、ある意味ホーム。
 駐車場の車の台数はいつもとさほど変わりなかったが、中に入っても人の気配が感じられない。端のシマから順に全てのシマを覗いていくがパチンコのシマにおっちゃんを1人確認しただけで、つまり客3人ぽっきり。店員の方が多い。 もはや「日曜なのに客少ないのぉ」というレベルを通り越して、いろんな心配をせずにはいられない。 さすがにこの状態で2人揃ってタコスロで激出すのは忍びない。(出す気マンマンやん)

 しょうがないのでとりあえずスピードでお茶を濁す。こんなにコイン持ち良かったっけかー?ぐらいベルが揃いまくったのち、3連ホイ狙いをしている限りはリプレイ確定のハズの「リプレイorボーナス目」からさくっとリプレイ外れ。 半信半疑のままもういっかいトリホイを狙う。止まる。 中、右にも狙う。ホイずれる。 うーんマンダム。 パンク寸前のドキドキ感まで十分に味わったのち、飲まれ。 やっぱおもんねー

 余勢を駆ってカンフーレディに移動。 最初の予告音、例によって全速力でオヤジ打ち。中リールに全身チーパオ停止。reg。 配列も制御も、やっぱおもんねー

 引くに引けなくなりアラベスクに突撃。予告もテトラもなーんも関係なく地味ーにゲチェナ目からBIG。んー ジグザグったり小役が4つ並んだりガーッハッハッハって笑われたり、したかった。

 「やっと気ぃ済んだわ」といいながらタコスロ着席。が、ガーッハッハッハも中位なり。追銭したくなる程の台が見当たらなかったので早々に白旗。 隣のコンビニで買ってきたエサをついばみながら、スポーツ新聞を広げつつ、いちころマンの遊技観戦。「あと2回滑川不発でやめるわ」とかゆーときながら、その2回目がちゃっかり本物だったりするあたりは、さすがツボを心得ていらっしゃる。

 メシ食ったとこの隣が丁度パチンコ屋だったので顔を出す。 「ここでこないだナイツの6拾ってさー」(まだいうか)
 懲りずにナイツに座る。1/150の台を、またしても1/200に育てることに成功。世の中ままならんス。 まあ今日も2ndバウンド外れが見れたのでよかろう。





左リールがこの形のときは右下がりにしかランプは揃わないので、ブルッた時点で確定でありました。が、3rd止めるまでその違和感に気がつきませんでした…


6月8日(土)「虐待」#663
 最近、打ってるナイツを1/200に収束させるのがマイブーム。さっさと去ってほしいイヤな流行です…。 座った時点では確かに1/130とか1/150とかだったハズなんだけど、気がつくと定位置めがけて一直線。 逆に1/300とかの状態から1/200まで持ち直すこともあったりするわけなんだけど、どっちにしても私にしか為し得ない芸当かと。 …自慢にもなりません。

 ヤケクソでキングパルサーに座る。本人はやる気満々なのだが隣の人に言わせれば「ほんまにつまらなさそうやのお」な状態。 そのうち何か引いてペカリンコ。1度の試技でregもBIGも揃えられる箇所を探しつつ上段白7+下段BARテンパイ。 右リールは同時に狙えないのかな…?と回転体を凝視していたら、右から手が伸びてきて7を揃えられてしまった。 あ、ありがとう。 両方一度に狙えないんならregから狙おうかと思ってたんですけど、そーですかBIGでよかったですか。 っつーか、私だって目押しぐらい出来ますう。 目押し出来ん人に思われるから勝手に押さないでください!(笑)

 その台は今日はストック機じゃなかった様でどーも単発。  肌の合わない、そして依然として得体の知れない台より、1でもやっぱナイツの方がいいので、またさっきの台に戻る。 やっぱりボコボコにされる。 ああもうどうにでもして。

 焼き肉を奢ってもらって気分はすっかり元通り。
 最近奢ってもらってばっかり。(ほんま御馳走様です) ナイツですっきり勝って「さあ何でも食ってくれ!」と言える日は来るのか。


6月9日(日)「辛い役回り」#664
 昨晩トドメを刺された台がその後なぜかミョーにハッスルしてたみたいで、なかなかに複雑な気分。わしゃハマリ担当部長ですかい。 地力はあったんだと、なんとなくその台を追っかけてみる気になる。 いきなりハイパー4連チャンぐらいしてみる。 あっさり心中を決意する簡単な脳味噌。

 が、ここでもやはり収束係の面目躍如。なんか納得いかねえ。 扇ベンツで過剰だった分の辻褄合わせが今頃になって発生してるというのか。 やられてもやられてもまた立ち向かうとは思うけど。 もはや勝ち負けなんてどーでもいい。(そんなことはない)


6月15日(土)「今年2回目のNL」#665
 仕事中、携帯宛に召集令状が届く。場所は鐘紡NL(ノースランド)。 か、かねぼう!? なんでまたそんな店に?? ま、打つつもりもないし、集まるだけだからどこでもいいんだけどさ。 オレ様に打たれたがっていそうな台があれば軽く触ってやってもよかったのだけど、こちらから願い下げな台ばかりだったので、キングパルサー打ってる2人の横に座って心置きなく遊技観戦。

 そのうち居たたまれなくなってくる。 目の前にスロットマシンがあるのに我慢しなければならないのがツライ… ということではなく、逆側の隣人の「打たへんのに何座ってやがんねん!」的な視線が痛い。 いやたぶん、そんなことからっきし思っちゃいないんだろう。ただ単に隣の台の演出・挙動・出目が気になってるだけなんだと思う。 隣人がどーこーというよりは、自分が普段煙たがっている他人の行為を、今まさに自分が為しているということに対する自己嫌悪。 そして、その状態を回避するもっとも手っ取り早い方法は、打つ。

 財布の中に1枚しかない一万円札(と二千円札が数枚)を両替し、スロキチ様&いちころ様の横でキングパルサーを打ち始める。なんて贅沢な暇潰し。 が、相変わらずオチョクラレ感しか感じることができないのでさっさとヤメ。 死角のシマでどん2…というより掛布の背番号だからと31番台を1000円だけ打ち、そのまま吸い込まれるようにニュートラッド1。 オチョクラレ感的に言えば元祖であり私の中では依然として最高峰である。 以前はいい意味でその味を楽しむことができたんだけど、今となってはうっとおしいだけ。

 いつもの焼き肉屋へ行ったら俄サッカーファンでごった返していたので腹いせに六甲颪を熱唱していたら、つまみ出された。(枝豆とか冷や奴じゃなくて)


6月17日(土)「How many yellowtails」#666
 久しぶりの仕事帰りパチ。(6週間ぶり。翌日が休日の場合を除く)
 久しぶりの扇ベンツ。(4週間ぶり)
 久しぶりのタイムクロス。(4週間ぶり)
 久しぶりに総投資額が1万円未満で済んだ。(4週間ぶり)
 久しぶりにコイン流した。(2週間ぶり)
 久しぶりの勝ち。(2週間ちょいぶり)

 久しぶりの更新じゃ。(1週間ぶり)


6月21日(金)「祭りの後」#667
 昨晩の富山アルペンスタジアムでの広島戦を見終えたあと、富山市内の阪神贔屓の「虎矢」という店で真っ黒なラーメンを食べながら反省会。 そして一気にサウナサンパリオ(→金沢市内)。 なんでわざわざそんな遠くまで?という気がしないでもないが、頭の片隅には「朝からナイツ」という目論見があった。 本当は「広島に勝って朝まで盛り上がる為」に翌日を有給休暇にしてもらっていたのだけど、今となっては単なる休み。 サウナで朝までぐーたらしてのほほんとパチ屋へ向かうなんざ、旅打ちしてた頃を思い出してなんか懐かしくなってくらあ。

 重い腰を持ち上げてブリリアント21へ向かう。
 毎月21日はブリリアントの日、だそーな。ふーん。 つーか、いつもと同じにしか見えないんですけど?

 まあ、お祭り騒ぎだろーが、素だろーが、すいてよーが、混んでよーが、やることは全く同じ。座ったナイツを1/200にまで導くだけ。 そして、今日「これだ!」と思って座った台は既に1/200。(B1) そこから延々1/200ペースでだらだらと遊ばされる。久々のインチキ臭いハイパー比率のせいで意外と長持ちしたけれど、所詮1/200は1/200。どうなるもんでもありません。 いつもなら、持ちコインが飲まれても気の済むまで(財布が空になるまで、ともいう)追銭するのは確実なんだけど、そのイベントの正体が徐々に見えてきたこともあって、今日のところは撤退。

 それにしても阪神もナイツも勝てんなー


6月22日(土)「虎舞竜かよ!」#668
 えー、もう7月1日です(かろうじて2002年です)。そりゃね、こんだけ負け続けてりゃ更新する気も湧いてこんっちゅーもんですよ。 何ですか、今時の言葉で言えばモチベーションつーんですかね。 なんでもかんでもカタカナ呼ばわりすりゃーええちゅーもんじゃないんですけどね。 とにかく。日記書く理由も内容も思い浮かばないので、なんとなく「明日でいいか…」とか思ってるうちに、例によってすっかり忘れ果ててるわけですよ。 
 更新の意欲だけじゃなくて、パチスロ自身に対する熱意が薄れてきてることにも大いに起因しておりましてね。それはつまり、単純に「勝てない」ということでもあるし、打ちたい台がないということでもあります。ナイツ以外にね。 新しい台に手を出す気にもなれない昨今だし。

 そして現状の打破を求めて大花火なんぞを打ってみる。
 ハズシは思ってたほど難しくはない。タコスロに比べると許容範囲が若干広いような気がする。 しかし、タコスロではプレッシャーを感じることは(ほとんど)無い。 この違いはかなり大きい。 いや、それも含めてこれだけの人々を惹きつけているのかもしれないと考えればその部分はまだ甘受することができるけれど、でもこの左リール(とその制御)だけは受け付けられない。今日やっと気付いた。
 4コマ滑ってリプレイ確定(左下段BAR→左下段7)とか、4コマ滑って山確定(左下段長男→)とか、ビタ停止でボーナス確定(BARリプ7)とか…こんなに急いで答を出さなくてもいいやん。 最初に1つリール止めた時点で全てが終わってしまっては残りのリールの立場がないではないか。 リプレイorボーナス、山orボーナスでいいじゃないか! 赤い方がいいじゃないか! そこでドキドキさせられないでいつドキドキすればいいというのか! 4コマ滑りはパチスロの華じゃないのか!(笑)

 私にとっては左リール(とその制御)のデキが全てを決める。だからこそタコスロはおもしろかったし、だからこそナイツはもっとおもしろい。

 でもなんとなくダラダラと出続けて、大花火もけっこうええかな? と勘違いしてしまう。頭の中では「大花火が似合う男への道 第二章」のテーマが鳴り響いていた。


6月23日(日)「綾小路実麿登場」#669
 となれば朝から大花火打ちにのこのこ出かけるのは当然の成り行き。

 大花火打つならどの店でも同じやろと思ってあちこち偵察。まずは最寄りのパチンコ金太郎を覗いてみたが客がおらず、スルー。 次にいつもの…ていうか実は最初から扇ベンツに来るつもりだったので、これまたさほど客がいないにも関わらずどっかり腰を下ろしてガンガン投資開始。 最近めっきり負け耐性・突っ込み耐性が出来ていることが災いして、財布の紐は緩みっぱなし。っつーかなんか引けよコノヤロー。

 キリのいい額になったのでそろそろ引き上げるか…と思っていたら会社唯一のスロッター(パチンカーはいっぱいいる)登場。「何しんてんすかー こんなとこで」「お前おるかとおもって」バレてる…
 横に座って打ち始める綾小路(仮名)さん。「こっちゃどんな台けー?」「打ったことないんすか?」「ない!」 おれが言うのもアレだけど、今時オオハナビ打ったことない人が居るとはまだまだ世界は広い。 会社でパチスロの話になったときも、
綾「いつもどんな台打っとんが?」
と「タイムクロスとかナイツとか」
「聞いたことないなー」
「えええー? じゃあいつも何打ってんすか?」
「んー」
 具体的な機種名は返ってこなかったけれど、普段の会話中でも「獣王でン万勝った負けた」「サイバードラゴンで…」「サラリーマン金太郎が…」「1週間でン十万負けた」「2日でン十万勝った」な話しか聞かないから、まあそういうことなんでしょう。 パチンコ=ギャンブルと考えるならそれもまたひとつの道。 実際、彼の万枚歴は尋常じゃない。…ナイツも知らんくせに。

 さてさて素人2人が並んで大花火。そして、連れ打ちにおいて変なヒキを発揮することで有名な私。 起こりうる事態は概ね予想の通り。
 続いて綾さんにも大当たり。 しばらく並んで打っていたが、「盛り上がらん台やのー」とぽつり。 液晶等の賑やかな演出に慣れきっている人にとっては確かにパッと見は地味だろう。 左リールに不満を抱く人間にとって退屈な台であるのもまた事実。 揃って飲み込まれた時点でヤメ。

 次の日会って聞いたら、また地元(氷見)帰ってしこたまやられたらしい。


6月25日(火)「虎舞竜だよ」#670
 降って湧いた「明日休み」 うおー
 気がつくとブリリアント21。制服着たまんまナイツ打ってた。

 ロウソクが消える直前の状態(デンジャラスゾーンでしたっけ?)になった時はだいたい、左上月狙い[月・スイカ・リプ]と赤7付きのチェリを上段狙い[チェ・7・ランプ]を交互に繰り返してます。 どちらも4コマ滑って上段にランプが顔を出した時にだけランプが揃う可能性があります。 そして、ランプ時以外に4コマ滑るのはボーナスの可能性があるときのみ。

 つまり4コマ滑れば ランプorボーナス。
 4コマ滑らなければ 他の小役orハズレorボーナス。

 ランプ揃うなー(どきどき
 小役はずれろー(どきどき
 セーフティゾーン(でしたっけ?)に戻れー(どきどき

 まあ、とはいっても、大抵はランプ揃うわけで、大抵はロウソク消えてしまうわけで、ランプナビなんて発生していた日にゃぁ(強かろーが弱かろーが)ほとんど期待するだけ無駄つーレベルなわけであります。

 そんなわけで、とあるデンジャラスゾーン時のこと。予告は無し。
 なんとなくハサミ打ちしてた。ズルッと滑って、右も勢いで押す。







 普通はランプ揃う。 つーかそれ以外の展開を見たことがない。

 ハサミ打ち歴はかなり浅いのでいまいちよく分からないけれど、順押し時においては、左:この滑り+中:ランプテンパイした時点でランプ確定(揃わなかったことがないというだけの意味)。 ボーナス成立時には、どの小役もテンパイしないという破廉恥なズレ目を形成することは稀で、スイカがテンパイするか、リプレイがテンパイするかのほぼどちらかである。(どちらも、この位置から揃うのはボーナス成立後のみ。ちなみに言えば上段ランプ、下段リプレイも成立後のみ) この時もハサミ打ちとはいえランプがテンパイしてるので、誰が何と言おうとランプ。

 ごちゃごちゃ言うてるが、要するに何も考えずに中ボタンを押したわけです。自然な流れでもって。一切の期待感を持たずに。 ランプ揃うつもりで、もう視線と意識は右上のロウソクの方を向きかけているわけです。

 で、中リール止める。










 ビタッ。ブルッ。 どわーっ
 画像デカイですか?(笑) それぐらいインパクトあったっつーことで。(画像byどっか有名サイト)

 そんなわけで、ホンマに何遍も同じ事ばっかり書いて心苦しいのだけど、事実なので仕方がないので書きます。

 座ったときはイイ台。終わってみれば1/200。
 楽しいねナイツって…


6月26日(水)「理想と現実」#671
 ようやく大花火の呪縛から開放された。微かに燻っていた「もしかしたら好きになれるかも」という思いを吹っ切ることが出来た(しかもあっけなく)。 しかしながら、6/22日記で言うところの「現状の打破」という観点から言えばすっかり振り出しに戻ってしまっている。 要するに、ブリリアント21やスロットマン掛尾まで遠路遙々ナイツ打ちに行くのじゃなくて、手近で済ませたい時。「とりあえず何か打ちたい時」や「オカネの為に打つ」時に、どこで、何を打つかという問題の答が以前として出ていない。

 別に無理して打たんでもえーやん?

 それもひとつの道ではある。いつまでも判で押したように「休みの日ちゃ何しとんが?」「…パチンコ」「海?」「いや、こっち(と宙を親指の腹で3回突く仕草)」「あーコインの方け」な会話を繰り返している場合でもない。

 ないけれど、手っ取り早く小銭を稼ぐ手段であるのもまた事実。安月給の身にはやはり魅力的であり、当然の欲求でもある。 ナイツ打つのを[ゲーム性10:ギャンブル性0]=「勝ち負け度外視の完全なる娯楽」とするならば(タコスロゲームや実機エスプですら繰り返し触ることはほとんど無かったというのにナイツのゲームはいまだに家でちょいちょい打ってるという事実が、私のナイツに対する無償の愛を証明してくれるかと)、[それなりに楽しくて4:それでいて儲かる6]=「趣味と実益を兼ねた素敵な暇潰し」を叶えてくれる環境(台+店)が、タコスロでありちょっと前までの扇ベンツであった。

 だが、いまはもう、ない。

 だからこそどこにでもある大花火~と思って触手を伸ばしてみようかと思っていたのだけど前述の理由によりボツ。改めて近場偵察の旅に出たわけである。

 以上、相変わらず無駄に長い前振り終わり。

 ずいぶん久しぶりの店や、生まれて2度目の店など、廃車寸前(エンジンかかりにくい)のパルサーに鞭打って走り回ってみた。 が、店はともかく、打ちたい台がない。こればっかりはどうしようもない。頭の固いヤツは淘汰されるしかないのだね。(キングパルサー打ちやがれという声が聞こえてきそうだ) あちこちでちょいちょい無理矢理カネをばらまきつつ結局何も引けないまま西部北をぐるっと一周してしまった。

 しょうがないのでブリ+ナイツで我慢することにします。考えようによっちゃあそっちの方が純度は高いのかもしれない。 余計な台打って勝つよりは好きな台だけ打って負けてた方が。


6月30日(日)「理科の時間です」#672
 油送会社であるけれど油以外の物品も多少運んでおります。その為、危険物取扱者乙種第4類(通称「乙4(おつよん)」。ガソリン・灯油・軽油・重油等を扱える)以外にもいくつかの資格が必要であり、このたび第6類を受験するハメになりました。 ちなみに6類というのは[酸化性液体]で、過酸化水素や硝酸、過塩素酸などが該当します。うちが運ぶのは過酸化水素で、製紙工場で漂白剤として利用されているようです。 さらにちなみに過酸化水素の3%水溶液が消毒剤でお馴染みのオキシドール(オキシフル)です。
 他の類に比べて該当する品物が少なく勉強するべき範囲もかなり狭いです。 参考書買ったのが半月前で、初めて開いたのが金曜日。なめすぎ(笑)。 とりあえず一通り読んで、例題、問題も眺めて、これなら大丈夫かなと。次に開いたのが日曜の昼。つまり試験場に着いてから。(既にかなり忘れてて焦った) やる気あんのかえー

 第4類既得の為、法令や物理化学などは免除で、純粋に第6類に関する問題だけを10問。うち6問正解で合格。 とはいえ、まさに文字通りの一夜漬け(しかも一晩寝かせてある!)。 出来たといえば出来たような気もするし、ダメといえばダメなような気もするし。 まあ、まだ生活が掛かっているわけではないのでなんとも呑気なもんである。 合格発表は7月10日!(ぐらいに郵送)




 終わったらアカンがな。

 西のナイツ屋ブリリアント21と、東のナイツ屋スロットマン掛尾店。自宅からだと2店はほぼ同距離。高速道路を利用した場合の「時間的な距離」でいえばブリが圧倒的に早いが、試験を終えて高岡市丸の内にいる現在(14:00)、時間的にも距離的にも掛尾の方が近かろう。 サンデードライバーどもの行列をくぐり抜け、久しぶりにやってきたスロットマンはこれまたサンデーパチンカーの群れ。(駐車場空いてなくて、ベンツの立体Pに置いたさ) ナイツもまたぎっしり。嬉しいような困ったような。

 唯一の空き台に座り、新たに空き台が発生する度に飛びつき飛びつき、3台目。ぽちっとボタン押すとB7/1400。ふっ 今日の死に場所が見つかったぜ…。

 が、あっさり早め。最初のうちはイヤんなるほどregばっかりだったけど、ペース的には全然問題ない。しばらく我慢してたらとうとう火が着いて、「ハイパー寄り」というよりは「ハイパーばっかり」の大連チャン。 たまにはこんなこともないとね。

 それにしてもいつも不思議に思うのは、みんな暗算早いなーってこと。 そして要求するレベルが高いなーってこと。
 空き台のボタンぽちっと押してすぐ立ち去っていく若者を見て「おいおいホンマに計算したんかよー!」といつも突っ込んでます。 1/150を切っている台を素通りしていく若者を見て「5でも不満なんかよー」といつも突っ込んでます。 この日も、1/140ぐらいのペースでBIG30回ぐらい引いてる台がずーっと空き台でした。 reg連で悶々としてたときだったので、何度も腰浮きかけたっつーの。


et>スロ日記>2002年>[6月]
back←5月 7月→next
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。