FC2ブログ

2005年07月の記事 (1/1)

「立てて壊してまた建てて」エース@ギガモン

意外にいい感じだった掛尾のスロットマンに向かってるつもりだったが、気がつけば「スーパー農道」(←金沢の人に言うとなぜか爆笑される)を爆走してた。すなわちギガモン一直線。

ぼちぼち何回か通ったところで、ある「仮説」を立ててみた。(井崎脩五郎の予想並に稚拙なので具体的には書けません・・・)
例えば以前から唱えている「ボーナスゲーム終了後1G目にカエルが出たときは、連チャンor枯れ」という推測に対しては、いまだに結論が出ていない。(出す気もない) 例えば「RT中と通常時(非RT時)で出現率に明らかな差がある演出(群)は存在するのか?」という疑問に関しては、検証のしようがない。(恐らく解析はされているのだろうが)

だが、今回の仮説を検証するのはとても簡単。 気が済むまで打つだけ!


4連続regの末にようやく引き当てたBIG。待望のボーナスゲーム。なのに、いきなり外れ4連発! 1G目から4回連続スッ外れ! 膝から崩れ落ちた。夢も希望もなし! そのまま放置して帰ろうかと思った。 結局ベル9外れ7。もう、全てが台無し。

regまみれだったり、連チャンしなかったり、なのにあっさり512越えちゃったり、もう全てが大後悔。 スロマン行ってりゃよかった。いや、今からでも遅くないぞ。 いやそもそも、来なけりゃよかった・・・ 今日はいったい幾ら負けるのだろう・・・

でも、いつものように打ち続けた。 合算確率だけで考えればそんなに悲観するほどのことでもない。 regがあまりにも多すぎるので、これでBIGが貯まってないハズがない…という願望がひとつ。 そしてあくまでも「検証」の為。

050702

挙句このザマ。そんだけ貯まってんならもっとさっさと吐き出してくれよ! 自賛にも自慢にも何にもならないが、このグラフは俺にしか描けないと思う。 普通の人は前半で投げるか、後半のおいしいトコだけ持っていくか。

推定設定4>>5。
そこでまた別の仮説が湧いてきてしまうのであるが・・・ これはもう通いつめないとどうにもならないレベルの話。ちとキビシー。

気が済むまで打った。やっぱりエースはおもろいわい。 まず前兆としてのバウンドの存在。そして小役解除。 なにより一番惹きつけられるのは、連チャンしたりハマったりの感覚がタコスロに近い!って部分。 やっぱハマった後は連チャンせなあかんでしょう。

「思った通りすぎて」エース@ギガモン

タイガーからは必死のメールが連日届けられている。 一旦失った信用を取り戻すのはさぞかし大変なことでしょうな。いまさら気付いても遅いんだって。 タイガーに限った話じゃないけどね~

なもんで、ギガモンかスロットマンか迷う日々なのであるが、やはりギガでは設定4を頻繁に見かけるってのがポイントでかい。 スロマンで過去に見かけた最高設定は3。・・・つっても1台しか打ったことないんだけど。

前回日記の「仮説A」。ちょっとだけ具体的に言うと、「!」札とその他の台の関係性について。 たった一回の検証で何がどうなるわけでもないけれど、少なくとも、それを否定する要素は今のところ現れていない。 要継続調査。
だが今日の場合、「!」の存在や位置うんぬん以前に、昨日のデータを見た途端に2台の候補が浮上してきた。仮説Aと併せて考えて、1台に絞る。
が、仮説の上に仮説(仮設の上に仮設)を乗っけてしまってるので落ち着きが悪いったらありゃしない。 あーだったらこーで、こーだったらあーで、、、<もしも>の枝葉ばっかりが増え広がってしまって、結局のところ何も考えてないのと同じ状態。 とにもかくにも打たないことには前へ進めません。

050710

(本日:水色線)
昨日の残り物を吐き出した後は、一進一退の微妙な時間帯。2か3か。 心臓に悪い展開が続いたが、徐々にピークを更新し始め、だんだん「設定4」らしくなってくる。 もうヤメ時を考えなくて済むと言う安心感が大きくなってくる一方で、それをなお陵駕せん勢いで、なぜか「倦怠感」が湧いてくる。 飽きた・・・のですか・・・? パチスロ自身に飽きたのだったらいいが、エースに飽きたと言われても、もう打つ台がねえよ・・・

「祭りの達人、初打ち」@西ICタイガ

久しぶりの西インター。 思ってたよりは客は居た。見くびりすぎててスマン。 とはいえ、客が減ってるのは間違いないし、やっぱり出てない気がする。というか出す気が無いとしか思えない。 店長、変わったのか? もう昔のタイガーに戻ってはくれないのか?

エースを打つ気になれなかったので、なんとなく『祭りの達人』を初打ち、という・・・帰ればいいのに・・・・魔が差してしまったわけで。

(数時間後)

これはオモロイのか? いや、これ「が」オモロイのか?? 世の中の人達の嗜好がよく分からん。

とりあえずオレ向きでないことだけは分かった。
・チャンス目とか演出面とかに関してはまるで興味ナシ。 小役は気が向いたときしか狙わないし、液晶演出も全てキャンセルさせていただいた。
・WINランプが光ってるのにボーナス絵柄を引き込みにくい気がした。 中リールにも右リールにもスイカの取りこぼしポイントがあるのは(個人的にはキライだけど)辛うじて許容範囲だとしても、ボーナスゲーム中のスイカも全然引き込んでくれんのは困る。(ベルも、チェリーに蹴られる並びばっかりだし) なぜそんな意地悪をする必要がある?
・伝え聞いてたところの「蛇の生殺し感」は、もう、イヤというほど味わわせていただいた。げっぷ。
設定が全く見えてこないので、粘るべきか投げるべきかが分からん。 やめようと思ったら連チャンするし、調子に乗ってたらすぐハマるし。 なんだかんだで右上がりだったから、もしかしてそんなに悪い設定ではないのかな?とも思うが、心の支えがないのでただひたすら疲れる。 一瞬たりともスカッとする瞬間が訪れないというのは、「娯楽」としては致命的な欠点では?

逆に、「最近のタイガーで、25時までの深夜営業モードなら、そんなに良い設定が置いてあるハズがない!」と考えるなら、つまり、低設定(1~2)でもこの程度の低空飛行で済むのであれば勝機は十分にあるとも言えるのだが、実際のところはどうなんだろ。・・・どっちゃでもええか。

まあ、そもそも、台内蔵のデータ表示機の「スランプグラフ表示モード」がOFFになってる時点でアウト。 これをやるようになると、駄目パチ屋一直線。

「野球の前はパチでしょう」@尼崎

聖地:甲子園に向けて、11時金沢出発。頑張りすぎたせいで、午後3時前には宿泊予定地の尼崎到着。

意外にまとまった時間が空いた。
外に居たりウロウロ歩いても暑いだけ。
指定席券なので並ぶ必要も慌てる必要もない。

となればやることはひとつ(笑)

JR尼から阪神尼までタクシーに乗り、980円。胸ポッケから颯爽と千円札を取り出し、
「釣りは要らねーぜ」
「20円ぐらいで何カッコつけとんねん!」と突っ込まれつつ、パチ屋偵察。

同行イチコロ氏の最近のお気に入りはジャグラー。 オレが打つとしたらキンパルか百歩譲ってニューパル。
3軒目「名人荘」の2Fに上がると、スロコーナーの半分がジャグラーシリーズにニューパル、キンパル、ピカ吾郎+αという見事なまでのジジババパラダイス。これ以上ない形で同時に2人の欲求を満たしている。「ここでいいやろ」「異議なし!」

300Gすぎ放置のキンパルに着席。
600過ぎで解除、BrBで一旦128越え。 換金率も店のやる気も全く分からないのに、なぜか猪モードON。
512過ぎても止まらず。なぜか再追銭。 残り時間が着々と減るなか、各方面から「甲子園に着いたで。おまえ今ドコにおんねん?」電話が鳴り響くなか、鼻くそほじりながら天井まっしぐら。
つーか、周りの様子見てても誰も全く連チャンしてやしねえし、恐らくほとんどの台は1か2か。そんな風情。 ほんとに残り時間がなくなったので前代未聞の1070G捨て。時間の逆算も出来ないアホ丸出し。

かたやイチコロ氏は、みなし機ネオプラネットで天井食らうも奇跡の復活。

さあいざ甲子園へ!(って気分でもなかったのだが)

「パチのあとは野球でしょう」阪神広島10回戦@甲子園

そんなわけで慌しく甲子園入り。一年ぶり。
古くからのメンバーである、ゆたやっこ嬢&はなおか氏とは前回の甲子園OFF以来なのでまさしく一年ぶりの再会。 ビールで軽く乾杯しつつ、何よりもまず「甲子園カレー」食いにダッシュ。

これ、この味!
んー なんつーか そんなにうまいわけじゃないんだけど(笑)、縁起モンつーか雰囲気作りだわね。ハッピ着てメガホン持って・・・の延長線上。(2個も3個も食べるのは、単に食いしん坊だから)

ライトアルプス(内野席寄り)一番前の座席群の最後方(ようするに前から6列目ぐらい)が今日の指定席。
アルプス席と内野席を隔てる金網さえ気にしなければ、ものすごくいい席。 金網さえ気にしなければ内野も近いし、ベンチ前でキャッチボールしる選手も丸見え。 金網さえ気にしなければ・・・って、気になって仕方ないわー! ピッチャーもバッターもいちいちクビ動かさんと見えん! ま、雰囲気だけ味わうには丁度いい感じと無理矢理納得させ・・・。 ファウルチップが本当の意味で手が届きそうなところに飛んできたときは、ちと焦った。 (グローブ持ってれば取れたのに)

しかし。
最大級に雰囲気を、そして自分を盛り上げる為に必要なものと言えば、「応援」。 去年ようやく各選手のコンバットマーチ覚えて一緒に大声張り上げれるようになったというのに、どこぞのイザコザのせいで今年から応援歌が一新されたらしい。 覚えてないし、2,3回聞いたからといって急に歌えるようになるモンでもない。 ので、静かに観戦。 富山弁丸出しで。

_123456789|
C000001001|2 ●小山田、高橋、広池-倉、石原
T02003000X|5 ○杉山、ウィリアムス、久保田-矢野

なんとなく点が入って、なんとなく抑えて、なんとなく試合が進み、いつの間にか勝っていた。 贅沢言っちゃ罰が当たるが、強すぎてつまんない(笑)

「阪神タコスロ玉子焼き」飲み@梅田、タコスロ@上中

7月16日(土)夜
試合終了後、梅田の居酒屋へ繰り出す田舎モン6名。
関西に来てるというのになぜか「立山」だの「菊姫」だの頼んでるピュア酒飲み2名。いつでも飲めるやーん。 かたや、「最初の一杯」を一気に飲み干した後はひたすらウーロン茶でお茶を濁す。 腹いっぱい飲んで、腹いっぱい食って、解散。 また来年!
終電に乗りJR尼崎駅前の「あま湯」という健康ランドへ。 風呂入って、牛乳飲んで、ばたんキュー

7月17日(日)
結局畳の上に直寝。からだバキバキ。
朝風呂入ってほぐしつつ、首脳会談。どこ行く?何打つ?

(せっかく大阪まで行ったのに、他にすることないんかい!)
(ありません。)

携帯であれやこれや検索してみたりした結果、福井(上中)のタコ屋へ寄ってみることになった。 尼崎IC→大津ICで降りて琵琶湖西側を北上。 ひさしぶりのPLANDファーストは、そしてタコスロとクランキーコンドルは、みごと健在であった。(ダイナマイトは惜しくも消滅…)

例によって、コンドルはぼちぼち混んでるのにタコスロはガラーン。
アホとバカが並んで座る。 久しぶりの連れタコ。久しぶりのバカ騒ぎ。 やっぱ楽しーわ。 液晶なんて必要ないし、前兆なんてもっといらん。 ああ小役カウンタよ何処へ…

BIG9reg4/2370G、1030枚

「それいけ、ぷー太!」ドキドキ島@米島ローズ

今の車が10月に1回目の車検を迎える。
3年弱で6万キロ突破。さすがにタイヤも相当ずるずるだし、砂浜走っててもイマイチおぼつかない。 新しいタイヤ買いに能町のオートバックスへ。

待ち時間にふらっと米島のパーラーローズ。
北斗やらなんやら意外とハイカラな台も導入されてたが、DJブローやら銀シャリやら渋いところもしっかり残っている。 打つ台がないのだが、1時間近くヒマを潰さないとどうしようもないので(パチ屋で潰す必要性はないのだが)、なんとなく「ドキドキ島」に座ってしまう。

変わった仕組みの台やなーとそれなりに雑誌の記事を読みこんでいた記憶はあるが、当然、肝心の中身についての記憶はない。定期的にレースが発生して、それに勝てばボーナス!と。勝ったキャラによって連チャン率に差があるぞと。 そんな程度の予備知識。

座っていきなり「高確率中」の文字が目に入る。 お、ラッキー!と思った。
「オマケが揃いやすいぞ」の文字が目に入る。ふーん。ふーん。ふーん。ふーん。いきなりオマケ4連続。確かに揃いやすいな、と思った。 さっきまで「残り150km」ぐらいだったはずなのに一気に「残り10」になった。はて??
ワケも分からずボーナス確定。ワケも分からず13連チャン。 なんなんだコレは。
さすがにこの状態ではヤメれん。とりあえず一旦「食事休憩札」掲げてクルマを取りにいく。そして本腰すえて続行。

この頃までにはボーナス終了後は必ずソワソワタイムに入るもんだと思いこんでいたし、この頃までには通常時は必ずオマケ高確率状態になるのだなと理解していたし、この頃までにはハズレキャラのカンガルーの存在感はほとんど無くなっていた。

全て大きな間違いであった。
初っ端の連チャン分を棚上に置いたまま、しばらく下皿もみもみタイム。徐々にエグミは消え、連チャンもしないし、レースにも勝てない普通の状態。

だけど。ヤメれない。
内部システムを全く知らない現状で、最適なヤメ時など全く分からないし、設定の良し悪しもチンプンカンプン。 なにより、ヤメたくない。無性に楽しいんでねえの。 つーか、本気でヤメれんぞコレ。 テキトーに打ってたらうっかりオマケ連打で一気に近づいてしまうし、あと50kmぐらいなら頑張ってみるか。って。 次のレースで負けたらヤメよっかな、と思い立っては見るものの、ちょっとだけちょっとだけのつもりが、いつの間にかオマケオマケオマケ。せっかく30kmも短縮されたんなら無駄にしない為にもツッパせねばならんよなあ。って。 コレ、ほんまに、持ちコインあったら際限なく突っ込んでしまうってば。マジで。

家に帰って雑誌の山をひっくり返してたら、記事掲載誌を発見。しかしとりあえず封印。 無知な状態のままで第一印象を書いてみた。

「黄昏連ちゃん」エース@ギガモン

仮定Aとかなんとか言うてたりするが、たまたまうまいコトいってただけ。根本的にこの店を信じてるわけではない。(ナイツで散々いたぶられたことは忘れちゃいねえぜ) いつまでも思ったとおりの状態でいてくれるとは思ってないし、その「たまたま」の時でさえ、終始不安との戦いであった。 イベント時ならともかく、等価の設定4なんて明らかに過剰やからね。やっぱりこのときが来たかという感じ。

平日ギガ。閑散にもホドがある。
データ自体も著しく閑散としていたのだが、唯一気になったのがコレ。
050720

青(昨日)と赤(今日)を足して考えれば設定4か5っぽく見えないこともないなあと。 も思ったが、赤線が「下げリセット」くさい気もする。 とりあえず「朝一300G作戦」決行。 スルー。 やめ。

翻って上げ狙い。 純ハズレ引いたのか!?てな感じの変な当たり方。 当たり方はともかくハズレぼろぼろ出てくるわ、単発だわ、ヤーな感じ。即投げ。 旗台にまで手を出してみるが、いずれの台も演出出現率激低。チェリー解除ことごとく不発。 枯れてるときはいつもこんな感じ。
店ごと、ブン投げ。まあ、ギガにだっていろいろ事情はあるわあね。

掛尾スロットマン。こちらも人いねー
それでも、とりあえずエースに座ってみてやるかと万札を両替した。 ミルンダ押す。 ・・・ごめんなさい。さすがに打てん。

あちこち寄りつつ帰宅。西日が眩しいぜ。

「すでに秋風が」エース@西ICタイガ

朝から西インター。 ええ、仕事ヒマなんです。沈み行く船であるなら、沈んでしまわないうちに他の船に乗り移らないとアカンなあとか思ってる昨今。

全員の顔と名前を何とか覚えられそうなぐらい、人いない。
「全台4以上」とか言い張ってるが、とりあえず設定4据え置き狙い。1点。 細かいこと考え出したらキリがないので他の台の事は一切考えないことにする。つーか、誰も打ってないから心動かされる機会は少ないんだけど。

フンドシ締めた割には序盤から順調。しかし徐々に徐々に失速。極大値はこつこつ減少し、ドル箱が溶け…下皿が溶け…脳味噌まで溶けた時点でギブアップ。

4にしては物足りんが、2としては上出来。分からん。
ただひとつ言えるのは、設定4でなかろうが(→タイガーの嘘つき)、設定4だろうが(→オレの引き弱)、いずれにしてももう終わりってこと。

「とんだ御挨拶」キンパル@新生氷見ノースランド

旧吉久ノースランドがHYPER化したときは、しばらくお祭りだった。具体的にいえば、キンパルALL設定4放置。 「お祭り」はちょっと言いすぎたが、それでもそれなりに、それこそ小池さんちに蔵が建つほどの甘い状態が続いていたことは間違いない。
そして今回の新装騒ぎ。キンパル初代が置いてあるというのでとりあえず覗きに行ってみた。 またあの状態であってくれるのなら、禁を犯して仕事帰りにカエルくんと戯れる日々が始まるかもしれぬ。

午前10時着。それほどギッシリ感もなく。
等価。キンパル発見。 見慣れぬデータロボ(だから『データロボ』じゃなかったかもしれん)、見慣れぬミルンダ。(これは間違いなく『ミルンダ』ではなかった) いまいち勝手が分からぬが、1台だけ空いてたのでキープ。即リセット単発→512越え放置の台。いきなり越えちゃいましたか・・・枯れか?奇数か? 2,3周ぐるぐる回ってから打ち始める。

>34BIG
>520x
643BIG 12BIG 119BIG
238BIG
349BIG
512BIG
654reg
161BIG
271give up

最初のBIG5回分のアレが「ベル64-ハズレ8」と見事なまでにアレだったので、頭の中でファンファーレ鳴りまくり。いきなりお越えになったのも設定5なら納得! やるじゃんノース。 あとはビクトリーロードを突き進むだけ!

だったのだが。
どこでどう間違ったのか、見て見て↑この無残なまでの単発っぷり。ベルハズレ比的にもみるみるうちに落ち着くところに落ち着いてしまう。 1か? 1やろ? ま、どっちでもいいし、どうでもいい。 おれが退いたあとに噴きたけりゃ噴くがいいさ。
オープンして最初の土日で、等価の店で、ってことでやっぱり甘くないね。多少なりとも期待をしてしまったアタシが阿呆でござった。 仕事帰りにウロウロする羽目にならなくてよかった・・・と思い込むことにするよ・・・


オマケ:小池さんの近況
R8高新大橋西詰めのゲーセン(サービスエリア高岡)でちょくちょく見かけます。夫婦揃ってなんかパズルゲームみたいなのを楽しんでます。

つーかそもそも小池さんって誰やねん?って方は2002年10月23日付け日記最終段落をご参照あれ。 ・・・わざわざ探し出してご覧頂くほどのモンでもないので再掲。

> つーか、マジで、仕事帰りに毎日通えばそのうち蔵建つって。 行くたびに見かける小池さん(仮称。頭がラーメンみたいから)の家なんてきっと蔵だらけ。おれもクルマ代ぐらいなんとかならねえかなあ…

「祭りの達人の凡人」@ギガモン


7月30日(土)午後
こんな中途半端で収まるはずがない。お口直しにキンパルエース。

で、ふと足が、脳が、止まる。
どこ行けばいいんだ?

現状把握してるエース設置店は、西インタータイガー、昭和NL、ギガモン、掛尾スロットマン。あと豊田大将軍と、西町だか総曲輪だかに出来たスロットモンスターとかいう店にもあるらしい。 激しく五十歩百歩。
結局大して悩むこともなくギガモンへ。

しかしエースは打てそうな雰囲気ではなかった。脳味噌のネジ外して突撃してみてもそれはそれで楽しいかもしれんが、祭りの達人に良さそうなニオイの台が空いてるのを見つけてしまった。「二度と打つもんか」と思ってたのにオレってばやっぱり座ってしまうんやなあと思いながら、座る。

すかさずお祭りタイムが始まり、しかもなぜかそこそこ連チャン。やっと終わったかと思ったら、中段チェリーで解除したり、リプレイ4連したりと、イキオイだけで強引に連チャンの形を継続しつつ、再度お祭りタイム突入。 スルー率が高く、BR比1:1なのでえげつない勢いで増えてるわけでもないのだが、まあ気分だけはよろしい。

ま、ワケ分からんと連チャンするってことは、ワケ分からんうちに飲み込まれてしまうってことで、あれだけあったのに、いつの間にかスッカラカン。
どうでもいい演出とか液晶とかはまだ我慢・・・というか無視できるようになった。 しかし、この出玉性能っていうのか、「先の読めなさ具合」だけは如何ともし難いモンがありますな。 設定は分からん。ヤメる理由、続ける理由ってのも見つからん。 結局持ちコインがなくなったらヤメるか、気が済むまで出たらヤメるか、そんなトコ。 なんじゃそれえ。