2007年01月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初仕事

今日が初仕事でした。

jomo mixer
ちなみに大型タンクローリー(左の写真)に乗って毎日油を運んだり油を売ったりしています。ちなみに右側の写真は「ミキサー車」といいます。黄色い部分が回ってて、生コンとか運んでる車です。 「タンクローリーに乗ってます」って言うと時々「あー あのくるくる回ってるヤツね」てな返事が返ってきます。確かにタンク(みたいなの)がローリングしてるので「タンクローリー」かもしれませんが、世間的にその程度の認知度なのかと思うとちと悲しいです・・・


中身は石油製品で、ガソリン、灯油、軽油、重油がほとんどです。 冬になると暖房用に灯油や重油がよく売れることになるので、タンクローリーは大忙しの季節なのです。 はずなのです・・・が、今年は、原油価格高騰や暖冬の影響もあるだろうし、うちの会社の不甲斐なさもあるのかもしれないけど、とにかくヒマです。例年の冬に比べるととんでもなくヒマです。正月4日まで休めるってこと自体が考えられません。 まあ雪降らないのは運転手としてはとても助かるのですが、


ヒマ=残業が少ない=給料が少ない


ってことで弱ってます。 かと言ってドカンと雪降ってトラックの中で寝泊りしなきゃならんような状況になってもまた困るんですけどね。


運送業界は軽油高騰でどこも大変だし、ガスやらいろんな代替燃料も出始めて石油業界もなんとなく先行き怪しい感じです。 タンクローリー乗りに憧れてこの業界に入ってきたし仕事自体も楽しくやってるんだけど、このままこの会社(業界)にしがみついてても大丈夫なのかなーとか思い始めてます。独りのときは何にも考えてなかったんですけどね。

スポンサーサイト

「タンクローリー乗り」で検索

最近のアクセス解析ってやつは、怖いぐらい賢くなってますね。何がすごいって、どんな単語で検索した結果うちまでたどり着いたのか、てなことまで分かるんですよ奥さん。
多いのは、「新婚」とか「光熱費」とか「水滴ワイパー」とか、ちょっと前なら「納豆」とか「鍋まつり」とかですね。 いずれにしても、全ての訪問者の皆様に対して、全くもって何の役にも立っておらず、検索されちゃってごめんなさい…な状態であります。


そして意表を衝かれたのが、検索ワード「タンクローリー乗り」
意外に多いのであります。具体的に何を求めてるのか分からないし、いまから頑張っていろんなこと書いてみたところで、また見に来てくれるとは限らないのだけど、確かに特殊な業界かもしれないし、需要があるのならとりあえず動機付けにはなります。


とはいうものの・・・やっぱり何かいていいか分からん(笑)


推測するに、タンクローリーに乗ってみたい人が、ローラーはどんな生活してんのやろ?とか、給料どんなもんやろ?とか、仕事は大変かなとか、どうやったらローラーになれるのかとか、大型トラックや油仕事の経験なくても大丈夫やろかとか、そういうことを知りたがってるんかな。 すでにローリー乗ってる人が同士を求めてるってこともあるかな。


人間の「知らない世界、業界のことを知りたい」欲求ってのは大きいですよね。おれだけかな。 書く対象としても、普段やってることだし、トラック運転してても思う所はいっぱいあるのでネタに困ることも少ないかもしれない。 しかし、仕事のこと具体的に書くと、狭い業界なので<おれ>が誰であるかがすぐにバレてしまうだろうし、「新婚2ヶ月~」のテーマから大きく逸脱してしまうのも間違いのないところで・・・。 いっそのこと改題しちゃおうか・・・。

何の結論も出ないまま、このまま終わります(笑)
が、この項きっと続きます…ええ続きますとも。

ある日の仕事

タンクローリー乗りのある1日・・・

5:20 出社・点呼
5:30 出庫・油槽所へ [1回転目]積み込み開始
~6:00 積み込み終了 出発

7:30 某1SS到着 荷卸し開始~
~8:00 荷卸し終了 油槽所へ戻る

9:30 油槽所着 [2回転目]積み込み開始
~10:00 積み込み終了 出発

10:30 某2SS到着 荷卸し開始
~10:55 終了
11:20 某3SS 到着 荷卸し開始~
~11:50 終了 油槽所へ

12:30 油槽所着 [3回転目]積み込み開始
13:00 出発

13:05~13:35 -昼食休憩-

15:00 某4SS到着 荷卸し開始~
~15:40 荷卸し終了

17:40 帰庫・点呼
18:00 帰宅

・・・
ものすごい大雑把にいえば<油槽所で油積む→ガソリンスタンド行く→タンクに卸す>の繰り返しです。 地域によっても、ローリー会社によってもピンキリですが、近場ばっかりなら4回転5回転したり、午前中に近くちょろちょろして昼から遠出したり、パターンは様々です。 夏場ならもっと早く終わったりもするし、冬場はもっともっと遅かったりもします。

ちなみに、ローリーのタンクは、外からは1つの大きなタンクに見えますけど、実際は仕切り板で複数の部屋に分けられています。 中身が液体なので、走ってるとものすごくチャポンチャポンします。その揺れを出来るだけ抑えるのが理由の一つ。 もう一つは、レギュラーガソリン・ハイオク・灯油・軽油、いろんな種類の油を1台に積み合わせることが出来るように、です。 一般的な20kトレーラーの例で言えば、4klマスが3つと2kマスが4つに分かれてます。

例)
1番  2  3   4  5   6  7
4kl  4k 2k  2k 2k  2k 4k
ハイ ガソ ガソ ガソ ガソ ガソ 軽
オク リン リン  リン リン リン 油

20kl全量を一箇所のSSに卸すことも出来ますし、乙SSへ8klと甲SSへ12klという風に2箇所分の荷物をまとめて積むことも出来ます。
なんか長くなってきたので、続きます。

添乗教育

今日の仕事

7:00積み込み 先客が2台いたので油槽所に1時間いた
8:00 出発
8:50 1件目到着 ものすんごい山の中。途中から乗用車とさえすれ違いが不可能な細い道になる。 カンカン(看貫:車重を計ること)したり、2つのタンクに分けて卸したり、メーターが故障してたりで意外と時間を食う。
9:40 油槽所へ向けて帰る


10:20 油槽所着 積み込み開始
 途中で積み込み用の機器が故障。応急処置にも手間取り、油槽所に2時間近くいた

14:30 2件目、立山山麓のホテルに到着。下界はカミナリ鳴りまくりの雨ざーざーだったので山は降ってるかなー積もってるかなーとどきどきしてたが、いざ上がってみると降った形跡は全くなかった。 ここも2つのタンクに分けて卸した。

15:20~15:50 遅い昼食
17:00 帰庫


・・・仕事したのは全て新人さんで、私は添乗してただけですが。外は寒いのでトラックの中でぬくぬくしてました。

それにしても、脅威の「タンクローリー 給料」検索5件。 そんなに気になんのかー!って感じです(笑)。恐らく、世間が思ってるほど高くはないです。 そりゃーバブルの頃は華やかだったら・し・い・ですよ。私が入社した5年前の時点で、残り香さえなかったですから先輩からうらやましく聞いてるだけです。


数年前にローリー業界にも規制緩和ってやつが行われました。 それまでは、石油元売り会社が直接顧客(ガソリンスタンドや、工場・病院・学校など)にアブラを売っていた(専属のローリー会社に運ばせていた)のですが、商社つーもんが途中に絡んできて、元売りから安く大量にアブラを買いつけては、別ルートで安売りを始めるようになりました。いろんな運送屋が押し寄せてはウチに運ばせてくれ!と運賃の叩き合いを始めました。 仕舞いにゃ元売りまでもが担当運送会社を入札で決めると言い始め、体力のある大手が無茶な値段でムリヤリ仕事を取っていく始末。運賃の相場はますます下がり、中小どころはそんな安い仕事のさらに下請けに甘んじるか、ローリー業務から手を引くかの2択・・・

そして原油高騰による石油需要の減少や燃料費高騰。 明るい話題なんてひとつもありませんよ(笑)。 好きじゃないとやってられません。


タンクローリーつってもいろいろあります。燃料ローリー、ケミカルローリー、ガスローリー、、、 先行き明るいのは、産廃系ですかねえ。工場から廃油を引き取ってきて、自社で再精製して、それがまた売れるので、運賃だけでなく処理費用や商品代金も入ってくるのでウハウハでんがな。

またまた無駄に長くなりました・・・つづく

ガスローリーも乗ります



雪国なのにまったく雪国らしくない状態が続いてますね。南の方、九州とか四国の冬ってこんな感じなのかなー 南の国でタンクローリーに乗るのもいいかなー とか思ったりしてます。(以前ネット職安で沖縄のローリー求人調べたりしてました・・・けど全然なかった。観光バスとかタクシーばっかり)


今日の仕事はガスローリー。
本来、今年の冬は某メーカー印のタンクローリーの担当になるはずだったんだけど、昨年末に1人入院してしまったので、その穴埋めでガスローリー担当に回されることになりました。(高圧ガスの免許持ってる人間が少ないので)


特殊なガスなので品名を書くと一瞬で身元がバレてしまうため伏せさせてもらいますが、ある化学工場のほぼ専属状態で朝から油槽所と工場をひたすら往復してます。積んで走って卸して戻って・・・・同じことばっかり繰り返してるとアタマぼーっとしてきますね。 ぜんぜん時計の針が進みません。こういう仕事は正直言って、苦痛です。


tateyama そんな中、わたしを癒してくれるのが冬の雪山風景です。(初日出とほぼ同じ地点で撮りました) 地元民ならみんな好きなんじゃないかなー 腕もカメラもヘッポコなので全然迫力が伝わらないのが悔しいです…


なお、恥を忍んで申し上げますと、わたし、昔タンクローリーに乗り始めた頃、ガスローリーってのはタンクの中身は気体だと思ってました。 空気より軽いガスを積んだときは車重が軽くなる、へたしたらトラック浮いちゃうんじゃないかぐらいに思ってました。馬鹿ですねー

実際には中身は液体の状態で詰まってます。一般的に常温常圧では気体ですが、圧力上げたり温度下げたりすることで液化して、体積は数千分の1になります・・・根本的にあんまり分かってないので、ボロがでないようこの辺にしときます。
仕事自体はアブラやケミカルのローリーよりはラクです。ホース2本繋いだらスタートボタン押すだけ、あとはコンピューターさん任せです。 だから緊張感なくなって眠くなってしまうのかなあ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。