FC2ブログ

2007年10月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給料の話 2

うちのグループ会社に運送屋系の会社が3つあります。うちは液体輸送メインで、Aは粉体系、Bはなんでも屋など、それぞれ微妙に守備範囲が違っています。(親会社のトラック部門は美味しい仕事だけをつまんでいって、残りカスをうちら子会社と外部の庸車がやってます)


子会社3つともが唯一揃って出入りしてるのが海コンの仕事で、今日たまたまそれぞれの会社から1人ずつ集まって、3人でしばらく立ち話してました。 自然に給料の話になるわけです。


基本的には3社とも同じ労働組合に加盟しているので、根本的な給料体系には差は無いのですが、仕事の量とか拘束時間に差があるためにどうしても給料にも差が出てきます。(よく聞くと、資格手当てや休日出勤の対応などにも差があることが分かった)


A社、B社のおれより経験年数が少なく歳も若いアンチャン(失礼)がおれよりも大幅に多く貰ってると聞いて、愕然としました。自分の手取り額は結局言い出せなかった・・・ 思わず、「おれもA社に入れてくれ!」と言いました(笑) 実際、いま建ててる家の真裏にA社の車庫があるんですよねえ。通勤徒歩1分。


やっぱうちだけ恵まれてないのかなあ。 でも、ここ2,3年、同業他社からうちへ移籍してくる運転手はなぜか非常に多いんです。「前の会社は給料安かったんで・・・」とか言ってるのを聞くと(うちも大して変わらんぞ… なんで好き好んでこんな会社に!?)とか思うんですけど、下を見てもキリが無いってことなんでしょうかね。 難しいところです。

スポンサーサイト

ロートルの行方

久しぶりにガスローリーに乗りました。
中身は液化塩化ビニールです。燃やしたらやばいガスが出るとかいろいろ問題もあるため、「塩ビ」自体が廃れていっている素材であります。 そのため我々の荷主であるところの某化学工場も今年度末での塩ビ製造からの撤退を決めています。


そんなわけで、4台いたガスローリーのトレーラーがあと半年でお払い箱となります。
もともと非力なトラクタな上に、全然飛ばさない走り方しかしない(時速45kmでちんたら)のですっかり走らない車(踏んでも回転数上がらない)に育ってしまいました。 こんなんでは20tやら30tもあるコンテナなんて引っ張れそうにありません。 いい使い道はないもんでしょうか。 ついでに、おれのガス免許も用無しになってしまいます…


その後、近隣の油槽所と合同の消防防災訓練の予行演習に参加。
小一時間ほど整列したり行進したり敬礼したり放水したり土のう積んだり、した。

転送

朝一で隣県の運送屋へ40ftコンテナを運びました。中身はポリエスタヤーンという・・・繊維?です。この地は古くから繊維(織物)産業が盛んで、県内あちこちの運送屋や繊維工場へヤーンを運びます。重たいのでヤです。


朝6時半に会社を出て、7時45分に運送屋に着いた。到着指定時刻(荷卸し開始時刻)は8時半。 そこの倉庫に高床ホームがあって、その端っこにコンテナ専用のスペースがある。 いつもはすぐそこにトレーラーをつけて時間が来るまで寝てるんだが、今日は生憎と県外ナンバーの先客アリ。しょうがないので、手前の待機場にトラックを止めてぐーすか寝てた。 2番手かーいっぱい寝れるなーぐふふーとヨダレをたらしてたら、オッチャンが近づいてきた。

「ちょっと伝票見せて。 これ ヤーン?」
「はい そうです」
「○○運輸まで持っていって欲しいんやけどー 行ったことある?」
「いや ナイっす」
「じゃあ 乗用車で案内するから 着いてきて」
「分かりました」


ときどきこういう転送が発生します。メインの倉庫がいっぱいで荷物を卸す場所がないから、とりあえず予備の倉庫へ運んでるものと思われます。 ローリー仕事でもたまにありますけどね。
転送するならするで前もって言ってくれればラクなのになー でもまあ、お客様はカミサマなので仰せの通りにいたすのみです。


大昔、燃料ローリー乗ってて転送の刑にあって、SSのおっちゃんに先導してもらったことがあったけど、おっちゃんがミニローリー(軽トラ)で旧市街地的なところをズイズイ進んでいくもんだから、大型ローリーでは進めないわ曲がれないわで散々な目に遭ったことがあります。 今日は、先導する人も”分かってる人”だったので、裏道使えば5分で行けるところを、きっちりバイパスまで迂回してくださいました。15分かかったけど。

RORO船 2

最近ちょくちょく発生してるRORO船の仕事は、すぐ近くの港から出て北海道に行く船。まだ月に一度の臨時便でしかなく、定期航路化へ向けて各方面が鋭意がんばってらっしゃるところ。


これとは別に、新潟港発着のRORO船の仕事もちょいちょい回ってきてます。北海道から船で運ばれてきたシャーシ(鋼材20t入り)を新潟まで引き取りに行き、地元の工場まで運びます。


昼すぎに車庫を出発。片道約280km。ほうぼうの渋滞に顔を出しながら約7時間後に新潟港着。軽く晩飯休憩して、荷物を引き取り(シャーシを繋ぐだけですが)、また戻ります。 帰りは深夜なので交通量が減り、信号も黄点滅が多いため非常にスムーズ。5時間半から6時間ぐらい。
工場入り口の待機場で2,3時間ほど仮眠。朝6時すぎから荷卸し開始、空っぽになったシャーシは会社のスグそばの港に切り離し。(このシャーシに北海道行きの荷物を載せて送り返します。 それはまた別の人の仕事) 朝9時ごろ帰庫。 家に帰って爆睡。


という、結構ハードな仕事です。朝早く出て夕方帰ってくることができれば、こんな夜中に眠い目こすりながら走る必要もない、普通の地場の日帰りの仕事なんだけど、荷卸し開始時刻が決まっているので逆算していくとこんなヘンテコな展開になってしまいます。


いまんとこ、朝9時すぎにで解放されてその日は丸々一日お休みになってるんだけど、会社としてはどうしてもそこからまた普通に仕事をさせたくて仕方がないようだ。無茶ばっかり言いやがる。

RORO船 3

米の集荷にJAまで行った。
30kgの米袋を650個(19.5t)、トラック(RORO船用のシャーシ)に積み込む作業である。


しかも手積みだ。


JAの倉庫からフォークリフトでトラックのそばまで運んできてもらって、そこからトラックの荷台に1コ1コ置いていく。気の遠くなる作業である。 一般的に、袋詰めされてる化学薬品や粉モノは大体が20kgか25kg入りである。 ちょっとの差であるが、この5kg10kgの差はデカイ。


しばらく前に、親戚の手伝いで米袋を運んだことがあった。30kg入りが20袋。農家の庭先から軽トラに積み込んで、親戚の家の倉庫の米用冷蔵庫まで運ぶだけである。 手で持って歩く距離が長かったこともあるが、たった20袋なのに結構へばってしまった。 その時のイメージがまだ強かったせいで、650袋!も運ばなアカンと聞いて目の前が真っ暗になった。 助手が2人ついてくれると聞いても、まるで気は晴れなかった。


しかし。
暇をもてあましてる事務系の年寄り連中が「助っ人でござい~」って冷やかしにやって来るのかと思ってたら、ハタチそこそこのピチピチの体力自慢が2名もやってきた。後光が差して見えたね。 おかげで、思ったよりも相当早く終わった。 気温が低くて、爽やかな風が吹いてたこともあるが、軽く汗ばむ程度で済んだ。


聞くところによると、他の運送会社(元請け)は大概の場合、全部1人でやってるらしい。ひえー


昼から別の工場へ行き肥料を20t積む。(20kgX1000袋) こっちは全部フォークリフト任せだコノヤロー。トレーラー3台で行って全部で1時間で終わった。当然汗ひとつかかず。 これが合理的ってもんよ。

たまに体動かすと…

本格的に筋肉痛でございます。
歩き方がひょこひょこしております。

明日もまた米運びの刑が待ち構えております。

ラクできる所はラクしましょうよう

今日も米の集荷に行った。フレコンだった。
フレコンっつーのは、フレキシブル・コンテナの略かな?、大雑把に言えば大きくて丈夫な袋のこと。粉・粒・石みたいなモノを大量に運ぶ時に使います。500kg入りと1000kg入りをよく見かけます。円筒形の袋で上の面が開いていて、リフトの爪に引っ掛ける為のヒモがついています。コンビニ袋のゴッツイ版と思ってもらえればOKです。


そうです。リフトで運べるんです。


ってわけで、ちゃっちゃと18個のフレコン(1080kgX18=19440kg)を積んでもらって、さくっと終了。 汗ひとつかかず30分で撤収。 あー助かった。


普段手積みしてる20kgや30kg入りの袋モンの荷物だってパレットに乗っかって倉庫に保管されてるわけだから、パレットのままトラックに乗っければ積む人も下ろす人も楽でイイやん!っていつも思うんだけど、用済みのパレットをどうやって回収するのかっていう問題がついてまわるらしい。


積む時はパレットごと乗せたから、下ろす時もそのままパレットごと持って行ってくれればいいのに、わざわざ先方のパレットに積み替えさせられる…なんてこともある。最初に乗ってたパレットはどうぞお持ち帰りください、ってことだ。


パレットなんて天下の回りモノなんだから、誰でもどのパレットでも自由に使っていいことにすればいいのに。 手積み手降しなんてすげー時間も労力も無駄遣いだし、人の手を入れれば入れるほど輸送品質だってずんずん落ちていくというのに。


つーか。
前の会社で懲りてもうそんな力仕事はしたくないと思ったから、体の楽そうなローリー会社に入ったというのに・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。