2009年04月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なごり雪

4月になったら途端にヒマになるだろう・・・というおれの目論見はあっさり破れ、大忙しの4月1日。 地場2回転して、昼すぎから片道3時間の遠出。


すでに防寒着なぞ家にしまってある状態なのに、思い出したかのようにすごく寒い日で、道中雨降りだったのが標高上がるにつれてミゾレになり、

♪雨は荷卸し中に雪へと変わるだろ~


ぶるぶる震えながら作業してた。周囲の山々はすでに真っ白。

幹線道路に合流する頃には雪が雨に戻り、懸念された県境の峠もなんとかちらちらと降ってる程度で済んだ。 やっとの思いで車庫の近くまで戻ってきてふうやっと終わりか~と思ってると、まだ今からどこかへ向けて走って行くローリーとすれ違う。 おつかれさん・・・

スポンサーサイト

CvsA

C重油トレーラーで近場4回転の、まあまあ楽な、気楽な配車。


配車表見ると、初めて行くところがあった。運ぶ品物は、LSA重油2k+C重油10k。注釈欄に「ブレンド卸し」と書いてある。 C重油のタンクにA重油をちょびっと混ぜて卸せということらしい。


C重油にまみれてベッタベタのネッタネタになってるハッチに、シャバシャバでサラサラ(あくまでもC重油に比べて、であるが)のA重油を積む。4kハッチに2kだけ積んだ。 工場に着く頃にはハッチの内壁はキレイになっていた。 ついでなので、A重油を卸すのを後回しにして、配管の中もキレイにしてもらうことにした。 給油口から金具を取り外すときもあのネタネタが垂れてこないだけで、すげー作業がラクだった。


金具を取り外した後に、給油口の中を掃除するのがすげーメンドクサイのである。 その1点だけの違いであるが、C重油の仕事はA重油と比べて激しくメンドクサく感じるし、だからあんまり好きじゃない。

ぬか喜び

1 片道45分のSS

2 片道10分の発電所  9:00~

3 片道40分の燃料屋

4 片道10分の発電所(2と同じとこ) 13:30~

5 片道40分のSS


という配車だったのだが、2回転目の帰り道に会社から電話がかかってきた。3回目がキャンセルになったと。小躍りした。 やっぱ「5回転」と聞くとちょっとメンドクサイ。1回減っただけでも大喜びだ。


あわてて4回転目(繰り上がって「3回転目」になったが)の油を積みに行く。

うまいこといけば午前中に荷卸しを終えられる! 問題は、先方さんが午後イチの指定をしてること。どうしても昼からじゃなきゃダメなのか、別に午前中に入っても構わないのか、分からない。会社に頼んで聞いてもらった。


ダメだって言われた。


すぐ行ってすぐ卸せば、昼からすぐ5回転目に取り掛かれるわけで相当早く仕事を終わることが出来るのだが・・・生憎11時すぎから13時半まで何もせずに待つハメになった。 そんなんだったらキャンセルになんかならないほうがヒマを持て余すこともなかったし、運賃だって取りはぐれなくて済んだのに。


ま、ちょっと前に買った単行本を一気に読み進めることが出来たのでよかったけどね~


で発電所に行って、カクカクシカジカで・・・って話をしてみたら、あーそんなことなら先に来てもらっても構わなかったですけどねーと言われた。 会社が誰に確認を取って何と言われたのか知らんが、現場の担当者がOK!って言ってるのに・・・どこでどう話が曲がっていってしまったのか・・・ 

春なの~に~

4月になったらヒマになるだろ~とラクに考えていたのに、ヒマになるどころか、配車は濃いままだわ、油槽所は混んでるわで、なんか憂鬱。 小心者だから、誰かの後に付いて待ってるのは全然構わないんだが、自分が積み込みしてるときに誰かに後ろに付かれるともう焦る焦る。おれのせいで待たせることになってしまって申し訳ない…という気持ちで居たたまれなくなる。


会社の誰に話しても、そんなもんお互い様やから気にする必要ないやん~って言ってくださるが、こればっかりは性分だからどうしようもない。


横でそんな話を聞いていたひと回りぐらい年下のK君が言った。オレそんなこと考えたこともないッスよ~あははは~

たまには息抜きも

会社の若手が、糖尿病で緊急入院した。 血糖値が通常値の3倍だか、リミットの3倍だかあるらしい。 そりゃ朝も昼も夕方もあんだけお菓子ばくばく食ってジュースがぶがぶ飲んでりゃ病気にもなるよなーというのがみんなの意見。おれもそう思う。


お陰で久々のコンテナ乗務。ほんとひさびさで、前の日ちょっと緊張して寝付けなかった(うそ)。


久しぶりにコンテナヤード(港のコンテナ置き場)に行くと、コンテナの積んである山が明らかに小さく低くなってる。 空バン置き場も地面がいっぱい見えている。 あらためて、シャバはヒマなんやな~ということを実感した。 接岸荷役中の船に積まれてるコンテナを見ても、普段よりかなり少ない。


会社の掲示板に診断書が張ってあった。2~3週間の入院が必要・・・ということだから、しばらくはコンテナに乗る機会が増えるかも。 今日あらためて思ったが、


やっぱコンテナの仕事はラクだ!


こんなラクしてお金もらっていいのか!

(いや、残業はかなり減るんだけど)



週末の高速道路

朝一、高速道路上の某サービスエリアにあるSSへ。

道中Zの大群に追い越されたが、やつらはそのSAにいた。10台ぐらいずらずらっと並んでいた。おーおー楽しそうですなー 他にも、県外ナンバーをやっぱ多く見かけた。


レギュラーが10k7k3k ハイオクが7k3kの地下タンク・・・と細かく分かれてる、かなり古いタイプのSSで、レギュラー8kとハイオク2kを持って行ったが、レギュラーをそれぞれのタンクに5k、2k、1k、ハイオクを1.5k、0.5kずつに分けて卸してくれ・・・という・・・かなりメンドイ指令。 まあ奇数差し割りもいつものことなんで覚悟はしていたが、500リットル単位のミッションに朝からいっぱい汗かいてしまった。


そして、到着時はさほどでもなかったが、時間が経つにつれて客が増えてきて、荷卸しが終わる頃には給油待ちの行列。店員が2人しかいなかった(もちろんセルフ式ではない)ために客のあしらいで大忙しで、ハンコもらうヒマもなかった。


普段見かけないような地域のナンバーをちょくちょく見かけた。 「富士山」ナンバーとか初めて見た気がする。

扇風機だしました

一週間以上ほったらかしてしまった。 特に(ブログに書くような)変わったこともなく淡々と毎日が過ぎていってる。 4月になっても、思ったほどにはヒマになっていない。 輸送量が減ったのと同時に車両の頭数も減っているので、1台当たりの仕事量はそんなに変わらないということなのだろう。


世の中は不況だ不景気だといってるようだが、今の営業所に来てからというもの、我が家は未曾有の好景気に沸いている。前の営業所にいた頃より平均月収が6,7万は増えてる。もちろん残業が増えたからに他ならないが、それまでがヒマすぎだったため、現状がとても忙しいというほどではない。 いまのペースなら丁度いい。



春の夜長に

嫁はんの影響で、我が家に読書ブームが巻き起こっております。 おれはもともとマンガ派?で活字だけの本なんてのはほとんど読んだことがなかったのだが、某作家さんの推理小説を立て続けにむさぼり読んでます。 なんかミーハーっぽい気がして恥ずかしいので名前は伏せさせてください。


この人の作品だからオモロイのか、推理小説というものがおれに合っていたからオモロク感じたのかが分からなかったので、試しに別の人のを買って読んでみたが、残念ながらイマイチだった。 なわけで、また嫁さんの本棚を順番に読んでいます。


DSテトリスのやりすぎで、DSの↑とLRとABボタンがばかばかになってきていて、テトリスとも疎遠になりかけてきていたところだったのでちょうどよい暇つぶしが見つかった感じです。 仕事中にも読んでるのは内緒です。

ちょっと緩んできたげ

片道2時間半のところと片道55分のところの、2回転2ヶ所卸し。 昨日あんなこと書いたからか、かなりヒマな仕事内容だった。 他の人の配車を見ると、もっとヒマそ。


気楽でいいんだけど、2件目のSSがいまいち気楽でないトコなので、微妙に憂鬱。 ・・・と思っていたが今日は店長は奥に引っ込んでいてあまり口出ししてこなかったのでよかった。

終了5分前にぱらぱらと雨が降り始めたが、小雨の中さっさと後片付けを終わらせた。 トラックに乗って隣町に入る頃にはすっかり雨は上がっていた。



見えんもんは見えん

またコンテナ乗務になった。こんどは倉庫番。倉庫と港をひたすら行ったり来たりする仕事だ。


コンテナを積んだり降ろしたりするときは、クレーンが吊ってくれたコンテナの真下に行って、吊られてるコンテナの四隅の穴(直径5cmぐらいかなあ)と、下で待ち受けるシャーシの四隅にある出っ張り(三角錐)をピンポイントで合わせる必要がある。 左右のズレはクレーン側で微調整してくれるが、前後のズレは運転手がトラックを前後させなければならない。 これが意外と難しいのよねえ~


まあ、目がいい人にとってはなんのことはないんだろうけど、おれは視力が悪いうえに深視力もいまいち。疲れ目だったり逆光だったりするともうお手上げだ。


前後の位置もぴったり合うと、コンテナがするすると降りてきて無事シャーシに乗っかて作業終了~という寸法なのだが、ちょっとでもズレてるとクレーンはうんともすんとも動きません。こっちが合わせるまで上空5cmで寸止めしたまま待ってます。

こっちは合ってるつもりでクレーンが降りてくるのを待ってるのだが、降りてこないってことはズレてんのかなーと思ってちょっと前に出たり、しばらく待って後ろに下がってみたりしてると、そのうち業を煮やしたクレーンオペレーターが上からマイクで、「もうちょっと前~!」とか叫んでくれます。 普通はそんなこと言われる前にピタっと合わせてさっさと乗せてもらうので、このマイクの刑はけっこう恥ずかしい。

またもやパトロール

前日から予告があったが、2回転目の荷卸し時にパトロール隊がやってきた。 うちの会社を含むグループ会社の労働組合のお偉いさんが定期的に各職場の仕事を見回っているらしい。 ちょうどいい時間にすぐ近くのSSへ行くことになっていたので狙われた模様。


まあ、見たことあるよーな顔やら見たことないよーな顔やらが5、6人いてじーっと作業を見てるので確かに緊張はするのだが、こいつら全員アブラ素人だから、ただ見てるだけ。 うちの会社の副委員長が他の人たちにあーやこーや説明してた。 歯止め、アース、消火器だけ出して、あとは適当にヨシ!ヨシ!言っとくだけでなんなくやり過ごせた。


しばらく前にあった、自社の安全パトロールの方が難儀した。 作業してるそばから、あーだこーだいちいち難癖つけられるもんだから、緊張というより発狂しそうだった。

赤丸急上昇

なんか知らん間に、しばらく前から、値上げ値下げが土曜日に行われることになってた模様。ここ最近は値上げ続きなので、金曜日が忙しくて土曜日がヒマってパターンが多い。


今日はなぜか単車がヒマでトレーラばっかり忙しい。


給油口が2ヶ所離れたところにあって途中で移動しなきゃならんわ、3kタンクやら7kタンクでいつも奇数さし割りオンパレードな、ちょっと楽しくないSSに行くと、珍しく一ヶ所卸しで差し割りもナシという・・・ラッキーな展開。 と思ったら、店長がとことことやってきて、「うえ確認します」「わ、わかりました」 (ローリーの上に昇ってハッチの中を確認することを、「上をみる」「上を確認する」などと言います)


普通確認つっても、フタ開けて液体が満たされてるかどうかを見るだけだし、ちょっと細かい人なら2000リットルや40000リットルの目印と液位をじーっと見比べてることもあるが、検尺棒まで引っ張り出して確認させれという人はなかなかいない。


そーいえばこのスタンドはちょっと前に経営者が変わったんだった。新しい店長の方針なら、これからもずっといちいち検尺棒を引っ張り上げて確認させられるのだろうか。 行きたくないSSランキング、ぶっちぎり1位だな。



帰宅渋滞が始まった頃に最終4回目、片道50分ぐらいのセルフSSに向けて出発。

幹線道路に乗ってすぐのところで追突事故を生目撃。 つづく

洗礼

先週はずーっと白のトレーラだった。毎日同じクルマってのはなかなか珍しい。 仕事自体は楽なんだが、半年経ってもいまだにここの油槽所での積み込みに慣れない。気が張りっぱなし。 しばらく前にブザー鳴らしてしまったからかもしれない。


今日は久々C重油。

近場3回転のド楽な仕事で残業代にもなりやしない。 が、C重油はC重油で気が張る。アブラのしずくが飛ばないように、アブラをあちこちに付けないように、気をつけて作業してるのにいつの間にか裾にピッと小さなシミが出来ていたりするのだが・・・今日は、いつの間にか大きなシミが4つも5つもくっ付いてしまってた。ショック。 いつの間に・・・? 気付かなかったことにもショック。


小さなシミのときは会社に帰ってからシンナーつけてこすったりして取るんだが、今日はもう見た瞬間に諦めた。次のクリーニングのときに出そう。

やってもうた

だいぶん前に、トラックの中でカップラーメンをひっくり返した、あーもったいない・・・って日記を書いたが、先日も派手にやらかしてしまった。コンビニの中で。


ポットのお湯入れて、カップのフタ閉めて、右手で持って、左手で弁当としみチョコの入った袋を持って、さあ店を出よう~と動いた瞬間に何かに引っかかってカップがその場にボトッと落ちてしまった。見事にフタの面からまっ逆さまに着地したので、麺や具が飛び散ることはなかった。


店員さんが飛んできて後片付けしてくれてたので、すごすごとまたカップラーメン売り場に戻って同じのを買った。恥ずかしかった。 しかしその後店内のカレー臭につられてカレーどん兵衛やカレーヌードルやカレー弁当が飛ぶように売れてたとしたら、ちょっとは店に貢献できたのではないか。 実際2つ買ったわけだし。

ただひたすら山道を走ってました

今日は16k単車(2ライン)に乗って白油2回転。 片道2時間10分のSSと片道2時間40分のSS。単純に足し算しても9時間40分走りっぱなし。約450km。 祝日でもないのに県外ナンバーが多かったなー


先週乗ってたクルマはエア底弁だった。ずっと乗ってたのでそれが当たり前のように思っていたが、ひさびさに手動底弁車に乗って、こんなにめんどくさかったのか!と改めて思った。

・・・贅沢な話ですが。まだまだ普及率は低いからね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。