FC2ブログ

2010年12月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢でよかった・・・

嫁さんはしょっちゅう夢を見てるらしくて、しかもその設定がかなりリアル。登場人物も舞台も身近なものばかり。友達がどーしたとか姉ちゃんがあー言ったとか。


一方おれは、めったに夢など見ないが(覚えてないだけなのだろうけど)、見るとしたら仕事でミスった夢ばかり。ミスっていうか新聞沙汰級の大事故ばかりだ。


昨日見たのは、4k卸したのに後尺が5kぐらい増えていて、よくよく見たら他のハッチの底弁が緩んでいた!ってもの。 さすがにほっぺたはつねらなかったが、目覚めた瞬間はなんかほっとした。


なにかの前兆なのかね。気ぃ抜くなっていう暗示なのかね。

スポンサーサイト

ヒマな一日

今日1件目の運送屋は、いつも若い事務員のねーちゃんが立会いに来るところ。

ローリーを見かけ次第すぐ現場にかけつけてきてくれるのはありがたいのだが、そのごく普通のOL的な制服は少なくともローリーの上に登る時に相応しい格好ではない。

スカート短いのにムリしてハシゴ登らなくていいのに。しかもおれより先に登っていこうとするし! そんなことされたらパンツ丸見えになってしまうんですけど? しょーがないので慌ててもうひとつのハシゴまで走って、上に上がる。


分かっててワザとやってんじゃねえかとも思わないでもないんだが、まあ、ちょっとした有名人。久しぶりに行ったが健在だった。


2件目は某自動車部品屋さんがやってるセルフのガソリンスタンド。

給油口にローリーを停めると、真後ろには洗車機が迫り、右前方には灯油の計量器がある。あんまり広いところじゃないし、できればトレーラーでは行きたくない。


まずSSに着いた時点で灯油給油中のお客さんがいたので、別の場所で待機。 ・・・切れ目なく灯油客がやってきてくださって、しばらくその場に釘付け。 やっと途切れた!と思ったら今度は洗車のお客さんが・・・ うーー 20分ほど金縛りに遭ってからようやく荷卸し開始。 スタンドの人の対応自体は楽なトコなんだけど、やっぱ繁盛してる店はコレがあるから、なかなか油断ならない。


3件目もインディーズ系(そんなのあるのか?)のセルフスタンド。

ここはいつもガソリン20kか灯油20kの仕事ばっかり。どっちもタンク2基(連結)あるので荷卸しはスピーディー。 ローリー停める場所は洗車機からも灯油の計量器も離れた敷地の片隅だし、給油口側にかすかに傾斜しているし、いいこと尽くめ。 目の前の幹線道路は朝から晩まで混雑しているが、帰るときは歩行者用信号のボタンを押してくれて右折退出のサポートまでしてくれる。 こういう店ばっかりだといいのに。


会社に戻ったら一番乗りだった。たまにはヒマな時もないとこれから先もちましぇーん。

ガスパージ

普段出入りする油槽所は、当県隣県あわせて7つある。

そのうち、積み場とガスパージ場が分離してるのが2つ。残り5ヶ所は積み場と同じ場所でガスパージも出来る。


が、そのうちの1つは、ローディングアームがガスパージ用のアームを兼用している。アームを突っ込んでボタンを押すとガスパージが始まり、ガスを抜き終わったらそのまま自動的に油が出始める。 これは一見ラクで便利なようであるが、いや確かにラクで便利ではあるのだが、実質アームが一本しかないわけでとにかく効率が悪い。


普通のトコは積み用アームとガス抜き用アームが別々になっているので、仮に灯油20k積み込む際に全ハッチのガスパージをしなくちゃならないとしても、油積みながら同時に次のマスをパージすることが出来るので時間的気持ち的にロス感は少ない。 専用のガスパージ場でとりあえずガス抜きだけしてから積み場へ移動して20k積み込む方式の油槽所と比べてもかかる時間は短くて済む。


比べて、このK油槽所はとにかく1本で全部やるので積み込みにかかる時間は全油槽所中最長。約50分。朝とか混んでるときはさらに待ち時間が加わってくるので・・・


ただ、ここは前荷が自己申告制なので、どこの油槽所で積んでいようが前荷も積み荷も二石であればガスパージする必要はない。 他の油槽所では無印ローリーは強制的に「前荷=ガソリン」扱いさせられるので、その点では優遇されているといえよう。 っていうより、無印ローリーが全員いちいちパージさせられてたら油槽所がパニくってしゃーないので余計なパージはしなくて済む様にしてくれているのだろう。

日曜当番

二ヶ月に一度の日曜配送の当番。今週から稼働台数が増えたからか、配車は近場ばっかりの4回転4ヶ所卸しと軽めで、ラクショームードが漂っていた。


・・・と思っていたが、時間が経つにつれて道路もSS内も車で溢れ始めた。 今週半ばから雪マークが出ているので今日のうちにタイヤ交換を済ませておこうというのだろう。なぜか洗車ラインも混んでいた。


1件目は早朝ということもあっていかにも日曜の朝らしい風景だったが、2件目でちょっと嫌な予感がした。


3件目に着いたらSS敷地内にびっちりと車が止まっているので笑ってしまった。 ローリーの停止位置はもちろん、通路もほとんどふさがっている。 テンパりかけてる店員にお願いして最低限の車両だけを移動していただくが、せっかく出来た通路にも次から次から新規の客が突入してくる。 結局一旦道路に出て、道からバックするしかなかった。


4件目も似たような状況。 だが、こっちの方が敷地が狭いうえ、給油口が2ヶ所に分散しているので、タチが悪い。しかも配管細いので降りるのが遅い! 1時間半もいた。


もう辺りは真っ暗になっていた。配車見たときは4時5時には終わるかな~と思っていたが、全然ムリだった。 洗車もタイヤ交換も家でやれ!!

ハマった・・・!

1本目。

近くの化学工場。コンテナ置いて、千切って、そのまま港へとんぼ返り。あとで別の人が取りに来る算段。


2本目。

線路沿いの広大な敷地にある紡績工場。最寄の信号を過ぎると「200m先 高さ3.6m制限」の標識がいくつか立っている。先にあるJRの高架が一般的なものよりちょっと低いためだ。「事故多し」看板もある。 コンテナは3.8mあるのでくぐり抜けはできないが、その手前で左折inするので問題ない。


コンテナで行くのは初めてだったが以前に重油ローリーで何度か行ったことがあったし、そもそもうちの近所なので勝手知ったるつもりだった。正門の次の入り口から入っていけばええんやろ!と。


工事でふさがってた。がーん。


交通量は多いが道幅はそんなに広くない。路肩もほとんどなく、Uターンできない。目の前3.6mの高さには、コンクリートの巨大な構造物が迫る。バックしようにも後ろはクルマの列、前からも途切れなくクルマはやってくる。 絶体絶命・・・というより、すでにジエンドである。


スキを見ては1m2mと下がってはみたが、目標の正門は遥か後方である。無理矢理バックし続ける作戦は時間がどんだけかかるか分かったもんじゃないので現実的でない。顰蹙を買うのはできるだけ短時間にしときたい。


対向車が途切れず、オレの後続が全く動けない。視線が痛いがとりあえず降りて交通整理の真似事をする。が、こんなことしてても何の解決にもならない。 スキを見て守衛までダッシュして、事情を説明し、手を貸してもらう。


正門までは50m近くあるが、その手前、道路の反対側にうまい具合にポケットがあった。そこまではおよそ20m。オッチャンにその手前で車の列をせき止めてもらい、ポケットにケツをねじ込む作戦を採った。


緊張の20m直線バック&右バック。いままでこんなに緊張したバックはあっただろうか。右バックでよかった。 左バックだと心拍数はさらに跳ね上がっていたに違いない。 なんとか頭を敷地内に引っ込め、流れが復活して一安心。 詰まっていた行列が一気に解放されたので自分が左折で出て行く隙が見当たらないが、おとなしく待つことにする。


なんとか遅刻せずに卸し場までたどり着けた。何事もなくてよかったよかった。


浮気するからそんなことに

1トリップ目。「朝一」指定のSSへ灯油8kと軽油8kを持っていく。


無印ローリーは7時から積み込み可能なのだが、あまりにも眠かったので道中20分ほど仮眠して7時20分に現地到着。 最寄の支店に寄って「出荷依頼書」というものを受け取り、油槽所に提出しなければならないのだが、なんか知らんが準備が整ってない。 配車係が出勤してくるまで20分ほど待っていた。


積み込み自体は25分ほどで終わった。SSまでは1時間ちょいぐらいだろう。「朝一」指定とはいえ、高速に乗っても10分か15分ぐらいしか変わらないし、そもそも無印ローリーは基本的に高速代出ないので何も考えずに下道で行く。だいたい9時半ぐらいに着くかな~という予想。


SSに着いてローリーを所定の位置に止めた瞬間に会社から電話があった。薄々催促の電話臭い予感があった。10kタンクしかないのに8kの注文があること自体に危険なカオリがしていた。


会社「いまどこですか?」

おれ「いま着いたとこ!」

会社「あ、わかりました」


降りてくと所長が給油口の前で仁王立ちしてた。何か言われる前に

おれ「すいません、遅くなりました~」と先制攻撃(先制防衛?)してみた。

所長「これが『朝一』か?」

いま9時25分。

おれ「すいません。でも朝一油槽所で積んで普通に出てきたんですけど・・・ おれら油槽所7時からしか積めないんで・・・」

所長「・・・とにかく早く降ろしてくれ」

おれ「わかりました!」

灯油の残量は0.9k。軽油は1.7kだった。


マーク車なら5時半から積み込み可能なので最速なら7時頃には到着できる。恐らく所長はその感覚でいたのだろう。

年内いっぱいで消します

ちょっとやらかしてしまったので

ココやめます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。