FC2ブログ

2012年01月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のあいさつ

あけましておめでとうございます。


年末進行+クリスマス寒波でへろへろの2011年末から、一転まぐれの4連休! こんなにまとめて休めたのはこの会社に入って初めてかもしれん。 一泊4万の旅館で同窓会したり、初売り福袋で思いっきりスカ引かされたり、なかなかよいお正月だったといえましょう。


新しいパソコンに買い替えたのでまたぼちぼち更新してみようかなと思ってるので気長におつきあいください。今年もよろしくお願いします。

スポンサーサイト

大量導入

JとEの合併の際の配送圏の見直しにより、隣の営業所から元Jのローリーが大挙して移籍してくることになり、年配の方々がぼろぼろ抜けていったこともあり完全に人手不足。だったので、この秋、一気に新人が4人もやってきた。


トラックに乗ったことない完全な素人が1人、大型トラック歴はあるがローリー未経験で、かつ、こっちに引っ越してきたばかりという・・・ある意味もっとも不安なのが1人、同業他社からの移籍が1人に、自前のローリーで不○軽油を運んでいた過去を持つ男が1人。 という、なかなかバラエティに富んだラインナップとなっておる。 みんな俺より年下で、年配の人がごっそり抜けたこともあり、平均年齢は一気に下がった。おそらくおれは上から数えた方が早くなってしまった。


独り立ちして慣れたか慣れないかのうちに雪が降ったり配車が立て込んできたりで、帰ってくるのが次の日だったりと新人には酷な日々が続いていたが、なんかみんなケロッと乗り越えているようでなかなかに頼もしい。自分はというと、寄る年波のせいか疲れが抜けにくく年末には腕肩腰いろんなとこが筋肉痛になってくる始末。毎日毎日「明日休みにならんかな~」と思いながら仕事してた。


早いうちに歓迎会をしたいところなのだが、冬場はなかなか時間に余裕がないのでもうちょっと暖かくなってからかも。


祝日らしい配車といえばらしい

いつも乗ってるトレーラーがエア漏れ修理のため、今日は久々の16k単車。


まあ工ネオスの単車の仕事もひどいがJ○M○の単車の仕事も相当ひどい。それらが合わさるのだから、もう、はっきり言って単車には乗りたくない。いま乗ってる人たちに面と向かっては言えませんが(笑)

(うちは班長クラスとかガスローリーに乗ってる人はちょいちょい乗り替わりありますが、概ね車両固定制です。 おれは今季は運良くエア底弁+オートクルーズ7速のトレーラーが担当になったので良かった)


ひどいというのは、要するに、狭いとこに道からバックしなきゃならんとか、ケツ卸しで残油絞ってばっかりだとか、SS内で移動しなきゃならんとか、狭くてクセのある燃料屋がいっぱいあったり、工場内で2k4kずつ地上タンクにバラまいて歩いたり、もう、思い出すだけでゲップでます。


ただ今日乗った新車の単車は、ケツ卸し用の配管が後傾しているので、バケツ2杯も3杯もしぼらなきゃならんってことはないのが救い。そして配車的にも天候にも恵まれ、はかどる一日だった。


1.

片道20分のSSに灯油6k

そこから20分のSSにレギュラー2k ←◎石はこういうことさせるからキライ
油層所近くのSSまで戻ってきてレギュラー8k


2.

片道40分のSSに4色16k


3.

片道35分のセルフSSにレギュラー6k

そこから15分ほどのSSにレギュ2k+軽油2k、ちょっと離れた油槽所に灯油4k


最後の油槽所の敷地内で、除雪がいまいちだったので方向転換してるときにハマった。ちょっと汗かいた。


軽い雪降りの一日

今日の朝一は、灯油積みたいクルマだらけだったので灯油の列だけ大渋滞。積み込みに1時間20分かかったが、一件目の燃料屋が8時開店だったので、ちょうどよかった。 油槽所出たころは雨降りで路面も濡れてるだけだったが、近くまで来ると道路に圧雪が残っていて荷卸し始める頃には雨が雪に変わっていた。


2件目は片道45分の甲SSと、さらにそこから15分の県境付近の里山?にある家族経営乙SS。降りるのはかなり遅いが、めっちゃ気楽なとこ。

普段は荷卸し終わって油槽所に戻るときに途中のコンビニで飯休憩することが多いが、今日は猛烈に腹が減ってたのと、他にコンビニの選択肢が少ない地域だったため、甲から乙に行く途中で昼飯。 ポテチにチョコがかかった風のお菓子を探してるがなかなか見つからない。


3件目。片道50分のSS。海から見れば標高が高いといえないこともない地域ではあるが、近づくにつれて道が真っ白になってきた。SS敷地内にはこんもり。SS自前の除雪車が右往左往した痕跡はあって、給油口付近はきれいに除雪してくださってたが、卸し終わってから公道に戻るまでに通る微妙な上り坂の部分は、乗用車の轍が数本見える程度でほとんど手付かず状態。 これは、カラになったら動けんかもしれんな・・・


とか思いつつ荷卸し作業してる間にも目の前の国道は大型除雪車が行ったり来たりしてる。ありがとう。

ワンタッチ巻くまでもなくなんとか退出できて、でも普段通る裏道は行かず、ひたすら混んでる国道を走って帰った。平地に下りると道路上の雪もなく、雪もミゾレから単なる雨に変わった。

こんな大人に誰がした

昨日辺りから、頭の中で、マジすかロケンロー(byAKB48)が鳴り響いている。誰か助けてください。 気が付くと口ずさんでいます。やばいです。 サビの部分っていうか、♪マジすかロケンロ~♪の部分しか覚えてないので、そこだけエンドレスなんですけども。

完全に嫁ちゃんの影響です。俺自身は全く興味なかったのに。 秋葉原のシアターに連れていかれたり、CSでやってた公演中継を延々見させられたりで、結構メンバー覚え(させられ)てしまった。

残業稼いだ…と思うしか…

朝一、昨日最後に行ったSSの近くにあるSSへ行く。

昨日の夜に降っさくった雪が、積もり、踏み固められ、放射冷却現象とやらにみるみる温度を奪われ、テカテカのスケートリンクon the roadの出来上がり。SS内もてっかてか、鍵穴は凍ってるし、ハッチのふたは開きづらいし、楽しいね冬は。

帰りは通勤渋滞も重なりかなりのタイムロス。 朝一この界隈から帰るときにどこ通って戻るかがいつも悩む。どこ通っても何かしらの渋滞が待ち受けている。どの道から帰っても、「やっぱ、あっちルートの方が早かったんじゃねえか・・・」と思ってしまう。


2回転目、3回転目は海岸沿いを行ったり来たりするだけ。

その後、ヘッドライトの球切れを直してこいと言われていたのでFUSOに向かう。(なんか特殊な工具が必要らしいので自車庫では出来ない)


「どれくらいかかりますか?」

「すぐ終わりますよ。…球切れなら」

「『なら』?(笑)」


笑っていられたのは最初の10分だけ。作業員が呼びに来たのは結局1時間半後。 土台ごと替えてたらしい。

3号軽油問題

普通の油槽所は、冬になると扱う軽油を普通の軽油から3号軽油に変える。たとえば11月30日までは軽油のローディングアームからは軽油が出るが次の日からは同じアームから3号軽油が出るといった次第。つまり、積む油が普通軽油か3号軽油かってのを意識する必要はあんまりない。(←ノーマーク車乗ってるときはちょっと話が変わってくるが)


3号軽油ってのは、ようは、普通の軽油より凍りにくくなってるもの。別名寒冷地経由。 まあ、2号やら1号やらもあってそれぞれ融点が違うらしいが、うちらの地域では3号以外は見たことない。


だが、最寄りの油槽所は、いくつかあるレーンのうちの1か所1本のアームだけが3号軽油用に変わる。ほかのレーンの軽油のアームはそれまで通り普通の軽油が出る。

3号軽油の需要が少なければそういうシステムでもいいのだが、配送範囲には山岳地帯や毎日真冬日!みたいなとこも少なくない。 また平地にある高速道路SAのSSや各種トラックステーションだって、お客さんは平地しか走らないわけではない。 そういう寒いとこのSSや運送屋は当然3号軽油を注文する。 要するに3号軽油を運ぶ仕事は結構ある。


なのに積み場は1か所しかない!


どういうことになるかというと・・・まあ、想像するまでもなく、ローリー大行列である。仮に1台1台が2k4kしか積まなかったとしても、1台あたり5分10分はかかるというのに、トラステや運送屋へ行く車両が14k16k18kと積むことになると、そこでどうしても行列の消化速度は落ちる。というより20~30分の停滞。 そんなのに捕まると、油槽所に入ってから出るまで1時間半や2時間かかる・・・ってことにもなりかねない。


あまりにもひどかったので、10k以上積むクルマは隣の油槽所に取りに行かされることになったり、毎日18k運んでるトラステは毎日最終便で行くことになったりと、ソフト面でなんとか対応することになった。(大した効果も見られないが)


そんなめんどくさいことしなくても、普通の油槽所みたいに全部3号軽油にしてしまえばいいのに。って誰もが思うが、近所の火力発電所が3号軽油ではなく普通の軽油がご所望らしい。大株主様なのでその意向には逆らえないらしい。油槽所が大混雑しようがお蔭で配達が遅れようが気にしないらしい。

じゃあせめて3号軽油が積めるレーンを増やしてくれればいいのにとも思うが、結局はカネ。上(工ネオス様)がカネ出してくれないらしい。


配車表を見て、3号軽油の文字が無いとほっとする日々は3月31日まで続く。

リハビリにちょうどいい仕事量

97歳の祖母が天寿を全うなさったのに伴い2日ほど忌引き休暇をもらい、明けて今日ひさびさの仕事。のんびりした時間が続いてただけに、めんどくさいとこオンパレードな配車に何やら気持ちばっかりが焦ってた。ラジオの天気予報が「山間部は夜から雪」と言ってたのが拍車をかけたのかもしれない。 が、思ってたよりは早く終わった。


1.

片道30分の工場。灯油14k。

構内に灯油のタンクは4か所ある。いつもトレーラで20k運ぶ時は楽なAタンクに降ろすことが多い。ガスや重油とカチ合う可能性のあるBタンクや、分けて卸さなければならない可能性が大きいCDタンク(小さいタンクが2つ並んでる)はだいたい単車で行くことが多い。 今日の注文は「14k」だったのでちょっとドキドキしていたが、Aタンクでラッキー。


2.

片道15分の最近セルフになった1桁国道沿いSS。4色20k。

給油口が8個あり、金具は全部ネジで、メーターはマンホールいちいちめくり式で、奇数差し割りアタリマエ~なとこ。どんなに頑張っても45分はかかる。っていうかもう端から頑張らないけど。


3.

片道2時間20分の国道沿いSS。ガソリン4k。

さらに15分の”中山間地の入り口”的なとこにあるSS。灯油ガソリン軽油計8k。

100k近く離れた場所へ8kも空気を運ばされてしまった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。