FC2ブログ

2012年03月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山2回

月頭と値上げが重なり、全体的にはそれなりに忙しい配車。

なのだが、おれの仕事は、片道120kmのとこと片道100kmのとこの2回転2か所卸し。ラクなんだかラクじゃないんだかよく分からんが、とりあえず雨降りということを考えれば、5回転8か所卸しとかやってカッパ着たり脱いだりちょろちょろやってるよりはトラックの中に籠ってる時間が長い分、恵まれた仕事と言えるのかもしれない。


統合で配送圏ががらっと変わって1日に走る距離が短くなっていたので(だから会社は運賃収入がめっちゃ減って相当頭を痛めているようだが)、400kmも走るのは久しぶりだった。

スポンサーサイト

灯油しか運ばなかった

久しぶりに単車に乗った。こんなに重心高かったっけ?と思った。くわえて、跳ねるし、強めにブレーキかけたらガガガガってなるし(?分かる人だけ分かってください)、なかなか快適ドライブとはいかなかった。今日乗ったのが特に古いクルマだからかもしれない。


1回転目。初めて行く鉄工所。片道50分。

「狭いけど、うまいこといけば中で切り返してUターンして帰ってこれる」

と聞いていたのだが、全然うまいこといかなかった。 敷地に着いた途端目に入ってきたのは、一面、鉄材の乗っかったパレット群。おぉい。 Uターンどころか給油口の前まですらたどり着けない。 しょうがないので敷地から出て公道でUターンしてバックで侵入してホース2本繋いで降ろした。

朝一に来いと言ってるくせに、こういう何の配慮もない客はホントに腹立つ。黙って持って帰ったろかとときどき思う。(できないけど)


2回転目。すぐそこのSSへ灯油10kと30分ほど離れたSSへ灯油6k。


帰り道でコンビニ寄ってメシ。カイジの8巻が出てたので車中で読む。


3回転目。片道20分ほどの臨海工業地帯にある軽金属系の工場へ灯油を16k持っていく。

工場内に灯油のタンクは5つあって、4番(15kタンク)に4kと5番(60kタンク)に12kおろした。 いつもトレーラで来るときは20k持ってきて5番か3番(360kタンク)にドーンという卸し方ばかりなのだが、単車で来ると小分けさせられるのでメンドイ。

さらに、立会者が監視してる目の前で、金具から油漏れ発生。 数秒に1滴程度だったので普段ならバケツで受けるだけで済ませるところなのだが、さすがに監視者の前ではそれも出来めえ・・・と思って、止めて吸い込んで外してパッキン替えて・・・ってやろうと思ったら、

「いい、いい!この程度で済んでるから、無理して止めなくてもいい」という話の分かるお言葉を頂いたので、二人で見守りつつそのまま続行。

終わった後にパッキン外して見てみたが何の変哲もなかった。なんだったんだろう。 まあ大ごとにならなくてよかった。

というか、受け缶を当てていようが吸着マットを引いていようが、給油口から油が垂れたというだけで大騒ぎが発生してしまう某同業他工場の石頭に比べたら遥かにラク。


会社に戻ったら3時。まだ3月だというのにもうヒマが始まってる。 そもそも今日単車に乗ったのも、いつも乗ってるトレーラーが止まったからであって。

うまいこと1台遊んでたので

出庫時、エンジンをかけるとエア空っぽ。 はて? 降りて見回ると、ヘッドとタンクを繋いでるホースに亀裂が。結構な勢いで漏れてる。 とりあえずビニールテープでぐるぐる巻きにして積み込みに行った。

積み込み終わる頃にはもうかなりエアが抜けてて、しばらく溜めないと動けないほど。 車庫に戻り整備管理者に見せる。ちょうど1台空いてるローリーがあったので、2回転目以降はそれに乗り換えてこなすことになった。 ゴムバンドでうまいこと漏れないようにホースを固定できたので、走ってる最中にもエアが減って行く(通称「負けてる」)状態は回避できた。 乗り換えメンドイしこのまま1日行けそうな気もしたがあっさり却下された。


1回転目。片道25分ぐらいのSS2件。近いんだが駅やら官公庁街やらがあって朝の渋滞が激しい界隈。 とりあえず行きだけでもなんとか混雑が始まる前にたどり着けたが、2件目行くのにつかまってしまった。クルマの渋滞よりも、歩行者がうじゃうじゃいるので左折レーンが停滞していてなかなか前に進めない。 1件目のオカマっぽい店長にあめちゃんもらった。2個。


乗り換えて2回転目。

片道20分のトラステ(K系)と片道35分のSS。トラステの分の3号軽油を積むのに結構難儀した。卸すのはあっという間なのに。


3回転目。

片道20分のトラステ(S系)。

トラステのくせに狭いし、24時間営業じゃないし、よく分からん。そして、長距離トラック用の駐車スペースに大型がいるとおれらが給油口の前に近づけなくなってしまうという・・・根本的に何がしたいのかよく分からんSS。

この冬は給油口周辺の除雪なんてする気もなかったようだし、雪が解けても、なぜかピンポイントで「そこだけはやめてくれ!」って場所に乗用車が停まっている。


4回転目。

片道1時間のセルフSS。

「1本卸し厳守」なので20k持っていくと間違いなく1時間かかる。ま、すっかり諦めている今となっては逆にのんびりできていい。


会社に戻ったら6時。日がすっかり長くなりました。

二択

ちょっと前、新聞だったかで、洗面所の蛇口のレバーが上げたら出るんだか下げたら出るんだか紛らわしいので統一しようとする動きがある・・・みたいな記事を読んだが、トラックの排気ブレーキのレバーも、手前に引いたらかかるのか奥に押したらかかるのか統一してほしい。最近妙に乗り替わりが多いが、いちいちレバーの根元の表示を見て確認しなきゃならんのがメンドイ。


ギアのシフトパターンも奥側が偶数だったり奇数だったり、サイドブレーキが右側にあったり(!)、ちゃんと足並み揃えていただけないもんかね。

紛らわしいぞ

最近レギュラーガソリンの色がちょっと変わった。黄色くなった。光の加減によっては緑色っぽく見えることもある。


油は本来は透明なもので、識別のためだけに着色している。 レギュラーは赤っぽい色、軽油は緑色、灯油は透明かうっすら黄色いところもある。ハイオクはレギュラーとほとんど同じかちょっと赤紫っぽかったりする。 製油所によって違う。 最近えらいガソリンの色薄いな~ってことがあるから、もしかしたら同じ精油所でも着色料(?)の量を減らしたりしていることもあるのかもしれない。


ようするにいつも赤い液体がオレンジ色や薄黄緑に見えてしまうってことは、なんかほかの液体が混じってるのか??と思ってしまうわけだ。前ラインでガソリン降ろして同時に後ろラインで軽油を降ろしてなんかいたりすると、完全に、ガソリンに軽油が混じってるのか?と思ってしまうわけだ。


それが昨日のおれ・・・


めっちゃ焦った。

いろんな角度から確認し、混油してない!たまたまこんな色なんだ!という結論に達したが、会社に戻ってほかの人から同意を得るまでは妙に落ち着かなかった。


お願いだから元の色に戻してください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。