2013年03月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#209 辛辛魚~限界突破

20130302a.jpg
20130302b.jpg
20130302c.jpg
20130302d.jpg
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

#210 カプサイシンまみれの一日

20130302e.jpg
20130302f.jpg
20130302g.jpg
20130302h.jpg
[ 続きを読む » ]

#211 常備おやつの今川焼

20130305a.jpg
20130305b.jpg
20130305c.jpg
20130305d.jpg
[ 続きを読む » ]

#212 激辛入浴剤

20130309a.jpg
20130309b.jpg
20130309c.jpg
20130309d.jpg
[ 続きを読む » ]

#213 IH壊れたが

20130313a.jpg
20130313b.jpg
20130313c.jpg
20130313d.jpg
[ 続きを読む » ]

#214 そして お湯が 沸いた

20130313e.jpg
20130313f.jpg
20130313g.jpg
20130313h.jpg
[ 続きを読む » ]

#215 やーっぱプロは違うよね~

20130317a.jpg
20130317b.jpg
20130317c.jpg
[ 続きを読む » ]

#216 いろいろと若気の至り

20130319a.jpg
20130319b.jpg
20130319c.jpg
20130319d.jpg
[ 続きを読む » ]

#217 日向ぼっこのフウタ

20130324a.jpg
20130324b.jpg
20130324c.jpg
20130324d.jpg
[ 続きを読む » ]

#218 葬式といえば饅頭やろがー!!

20130327a.jpg
20130327b.jpg
20130327c.jpg
20130327d.jpg
[ 続きを読む » ]

3号軽油のこと

10か月ぶりの更新です。こんな終わったブログなのにいまだに細々とではありますがアクセスしていただいてます。 そのほとんどが検索ワード「3号軽油」がらみ。


とりあえず知ってること書きます。


軽油は氷点下で凍ります。(正確には、軽油に含まれているパラフィンとかいう成分が凍るらしい) エンジン動いてればいいですけど、氷点下にトラック一晩置いておくと、翌朝エンジンかからない!なんてことになります。

なので凍らないものを混ぜます。 それが灯油です。(もちろん灯油も温度下げてけばいずれ凍るんですけど)


ようするに 夏用軽油+灯油=寒冷地軽油

というわけです。


ただこれだと、軽油に灯油や重油を混ぜて不正軽油作ってるのと変わらないので、もうちょっと正確に書くと、


夏用軽油+灯油=不正軽油

夏用軽油+灯油(クマリン抜き)=寒冷地軽油

です。クマリンもろもろはめんどくさくなるので CAT’S EYE。


最寄のN油槽所の場合は、3号軽油のローディングアームからは、まず軽油が6~7分目ほどまで出て一旦止まり、しばらく待ってると同じアームから灯油(クマリン抜き)が出てきます。ハッチ内でちゃんぽんして3号軽油の出来上がり。

冬は一斉に3号軽油に切り替えるような通常の油槽所(N以外の真っ当な油槽所!)だと、「軽油」の貯蔵タンクには3号軽油が入っていて、「灯油」のタンクには<灯油+クマリン>が貯蔵されているのだけど、N油槽所は「軽油」のタンクには軽油、「灯油」のタンクにはクマリン抜きの灯油が入っています。 なので灯油のローディングアームからは灯油のほかに知らん間にクマリンも出てるってことです。


色は油槽所(精油所)によって微妙に違いますがまあ「緑色」といって差し支えないでしょう。夏軽油と同じ。 まあ灯油(透明)を混ぜているので若干薄いといえば薄いのかもしれないが、とにかく緑色。


あとは・・・やっぱ多少とはいえ夏軽油と比べるとパワーは落ちるような・・・気がします。山岳地帯の運送屋には、3号軽油と夏軽油を混ぜて使ってる(自力2号軽油?)とこもあります。

#219 ガリガリ君コーンポタージュ味

20130330a.jpg
20130330b.jpg
20130330c.jpg
20130330d.jpg
[ 続きを読む » ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。