2013年12月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2万リットル8000万円

今の営業所に数年ぶりに戻ってきたらタンクコンテナの仕事が結構増えていた。ちょいちょい携わるようになってきた。


今週初めて扱ったのが某化学工場で農薬を20t積み込む仕事。

作業するのは全部工場の人達なので、おれがすることは所定の位置にタンクを停止させて歯止めかますことぐらい。あとは本分であるところの「走る」ってことなんだけども・・・


とにかく揺れがヒドイ!


燃料ローリーと違ってタンクコンテナには波板(仕切り板)がないのでちゃぽんちゃぽんが激しいと以前どこかで書いた気がするが、いままで引っ張った他の液体のタンクとはなんか違う。 液体ならみんな同じと思っていたが、粘性が違うのか、タンクの材質・形状に違いがあるのか、単に液体と空間部分の比率の問題なのか分からん。ただ一つ明らかに違うと言えるのは、


この仕事は、酔う


ってこと。そーいえば船酔いってこんな感じだったなーと思い出した。そう、これはまさに船酔い。 初日は、さらに、付近に漂っていた薬品臭さをたっぷり吸い込んだ後だったため気持ち悪さがなかなか収まらなかった。

スポンサーサイト

おわりに

タンクローリーの仕事内容を紹介するつもりで、全くの素人であるうちの嫁にも分かるように(分かってもらえるように)と思ってこのブログを書いてきました。(最近は更新頻度はかなり落ちましたが) 書きたいことはいっぱいあるのですが、こんだけ仕事内容さらしてしまうと、知人・同業者がココ読んでんじゃねえか?おれの知ってるやつが見てほくそえんでるんじゃねえか?と思うと、あんまり好きなことも書けなくなってしまっているのです。 なので、年内いっぱいで更新をやめて、別のブログに移行します。


最近は「3号軽油」で検索してたどり着く方がかなり増えてきましたが、結局ココで必要な情報が得られたのか?得られなかったのか? 全く無反応なのでどうしようか迷ってたんですが、ココはとりあえず当面は残しておきます。


長らくのご愛顧ありがとうございました。

「3号経由」だと意味変わってきますので注意してください!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。