FC2ブログ

2015年08月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガリガリ中毒

しばらく前に、近所のブックマーケットが移転リニューアルOPENした。たまたまOPEN当日に前を通りかかったので、ちょっと寄ってみた。 前から気になってた小説が何冊も50円で投げ売りされてたので、調子に乗ってドカドカ買った。
ついでにニンテンドーDSの立体ピクロスも見つけてしまった。 これもネットやブックオフなどで3000円ぐらいで売ってるのは見かけていてずっと迷ってたが、1000円だったので飛びついた。

こいつがいけなかった。

結局その小説群には全く手を触れず、空いた時間には塊を削っている。(←「立体ピクロス」のプレイを形容するとしたらこんな感じ。塊。魂ではない。) だから全然パソコンの前に座れてない・・・という、言い訳。忘れないうちに旅行記も書いときたいのだが。

そればかりか、ちょっと前にダニが発生し、連日布団干したり畳干したりレイコップかけたり、家での作業量が急増。 そういえばここしばらく家でのんびりコーヒー飲んでないことに、さっき気付いた。

そんな状態なのに、再来週、運行管理者の試験。間に合うのか? 今日、参考書、買ってきたとこ。
スポンサーサイト

運行管理者への道。2

運行管理者試験、終了。


試験(8/23)まで半月を切ってさすがに、そろそろ勉強せんとマズかろうと参考書を買ってきた。のが盆前。
パラパラとめくって流し読みしたり、練習問題解いたりしてみて、そんなにゆーほど難しくもないやん、と思った。 油断して、またしばらく何もしなかった。

さーて、そろそろ過去問でもやるかーと思い立ったのが1週間前。

もう、1問目から、目シバシバ、汗ぽたぽた。 や、やばい。まったく分からん。 重箱の隅つついたり、言葉遊びしてこちら側をいたぶってくるようないやらしい問題ばかり。
・・・に思えた。のは結局その参考書がアッサリしすぎていた為で、そのせいでオレが試験を見くびってしまったというだけの話。

そこから(けっこう)まじめに勉強した。 過去問解いて、参考書見たり、法令集見たり。
過去問と同じようなレベルならなんとかなるやろと思えるぐらいにまではなったが、ここ数年、問題の難易度が上がってきている(=合格率が下がっている)ため、今年も更に難しくなる可能性はある。 過去問たちと傾向の違う問題が出たらヤバイなー でも、あまりに難しくなりすぎて(合格率が下がりすぎて)各方面から苦情が出て?またちょっと易しくなってるってことにはならないかなー それともやっぱ、昨今のバス・トラックによる交通事故も増えたり酷くなったりしてるのでそう簡単に資格取らせてもらえないのだろうか・・・ などといろいろ考えてしまったが、ま、考えてもどうしようもない。 ダメならまた受ければいいし(5回受ければ資格もらえるし(笑))、なんなら、おれが受からんならみんな受からんやろぐらいの勢いで、試験当日を迎えた。

富山駅のすぐ近くのホテルの大宴会場が試験会場(開始13:00)だったので、ヨメに車で送ってもらい、ヨメには駅前のファッションビルで待っててもらうことにした。ウィンドーショッピングでもしてて!
よめ「どっかで昼ごはん食べてく?」
おれ「やっぱ試験前はカツやろー カツ丼!」
よめ「あー そんなに食べれん 却下」
おれ「・・・いやいやいや、こーゆときはオレに合わせるもんじゃないか?」
よめ「カフェがいい」
おれ「・・・はい(せめてカツサンドが置いてありますように)」

喫茶店でホットドッグとコーヒー、・・・。 意外と美味かったので、まあよい。
食べてコーヒーで流し込んだところでちょうど受付開始時刻になったので、そこでヨメと解散して、試験会場に向かう。

途中にローソンがあったので、やっぱり思い直してカツサンド買って食べながら歩いた。 そこまでして縁起担ぎたかったのか、単に満腹度を少しでも上げたかっただけなのかは、自分でもよく分からない。

久しぶりに、試験直前の緊張感を味わう。危険物(1類5類)のときも高圧ガスのときも、これほどではなかった。
一通り問題解いて、また頭から確認しなおした所でちょうど終了5分前。 
ま、目新しい要素はあったが、基本的には良心的。過去問ちゃんとやってれば大丈夫なレベル。 もしかしたらまた次の試験は元に戻って難しくなるんじゃないか? だとしたら今回受けれてラッキーという気もする。

あー やっと終わったー!
溜まってるビデオに小説にマンガ(ヨメよ試験一週間前に甥から『進撃の巨人』17巻全部一気に借りてきてくれてありがとう)にゲーム。 どれから片付けようか。 とりあえず帰りに近所のラーメン屋に寄ってひさびさにビール飲んだ。


・・・とかなんとか書いといて、落ちてたらカッコ悪いな。
(この記事に運良く出会えて、その後この記事が抹消されていたとしたら・・・そういうことです)

おつかれいんぼー

ちょっと前に人事異動とでもいうのか、うちの営業所と隣の営業所でトレードが行われた。 ローリーと海コンに乗れる人間が出ていって、トラックしか乗れない人間がやってきた。 実質、人手不足状態。
なわけで、うっかりしてるとすぐローリーに乗せられる。


いつも同じトラックに乗れると決まっているわけではないのでトラックの中に私物を置きっ放しにはできない。 乗り替わりの際に車の中で使うモノや作業に使う道具などを運ぶのに便利なように、買い物カゴに詰めこんでいる。 軍手、皮手、ゴム手、工具、ACDC変換器、充電器、サングラス、筆記用具、ポケットラジオ、爪楊枝、コンビニでくれるおしぼり、各種入構許可証などなど。
で、おれの場合はさらに、ローリーに乗るとき用のカゴと、コンテナ仕事のとき用のカゴが2つ存在している。 違いはというと、ローリー用のカゴにはカッパ上下が入っていてコンテナ用のカゴには折り畳み傘が入っていることぐらい。 要するに、ローリー仕事はカッパが無いとやってられないってこと。(コンテナ仕事は基本的に車中待機なので雨が降ろーが関係ない。傘すら別に無くても問題ない) ホントは長靴も一緒に入れてまとめて運べるようにしたいのだが、巨大なカゴが必要になることとカゴの中が汚れる為に、雨の降りそうなときだけ長靴も手で持って運ぶ。

そう。
雨降りの季節でもないのに、たまに乗るときに限って雨降りやがる。

仕事の内容自体は、むかーーし(10年以上前)エッソのローリーに乗ってた時によく行ったトコとか、7,8年前に重油のローリーばっかり乗ってた時によく行った(多いと週に10回ぐらい)トコとか、2,3年前にエネオスのローリー乗ってた時にたまに行ったトコばっかりなので気楽な感じであったが、コンテナばっかり乗ってて怠けきった体に雨の中の作業は酷であった。

DCIM1301.jpg

港に帰ってくると、ちょっとしたご褒美。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。