FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大正ロマンの宿

また行きたい旅行先ある?
という話をよくする。 現に、軽井沢、八ヶ岳、名古屋(範囲広いな)などは何度も訪れている。
そして、また行きたい宿ある?という話になると、必ず名前が上がる宿がある。和倉温泉 渡月庵

そんなに言うならまた行こうじゃないの、ということで再訪。 例によって、月曜日に有給とって日~月と泊りに行く。すいてるし、安いので、いつもこのパターン。


七尾湾の入り江にたたずむ築100年の宿。
部屋にトイレがなかったり、床が多少ギシギシいってる気がしたり、とさすがに古さは感じるが、その懐かしい感じが逆にすごくいい。ばーちゃんちに遊びに来たときの「あーここにずっといたいーかえりたくないー」感。

DCIM1517.jpg
その部屋の縁側から、水面と橋とランプ灯の光を眺めながらぼーっとしてるのが最高に贅沢。

目の前にそびえたつでっかいビル(「プロが選ぶ日本のナンチャラ100選」の総合1位に30年以上連続で選ばれている宿泊施設)がなければもっと眺めもいいのだろうが、それは敢えて言うまい。


例によって、宿でゴロゴロ露天風呂でマッタリするのだけが目的なので、余計な観光地などに寄らず(まあほぼ地元なので今更どこに行きたいというわけでもないし)、チェックイン可能時刻と同時にチェックインする。

運よく前回と同じ角の部屋が取れた。 あーなんか久しぶりー
ヨメの分のお茶菓子も一気にパクつき、浴衣に着替え、さっそくお風呂へ。
露天風呂は、件のビルから覗かれてしまう位置関係にあるために、屋根と高い塀と簾に囲まれており解放感はほぼゼロだが、坪庭を眺めながら汗が噴くまで浸かっていた。早い時間だったので貸切状態。

そのあとヨメと貸切家族風呂へ。


犬猫がいるため(毛の害を恐れてか)自宅には設置許可の出ないコタツが部屋の真ん中にどーんと置いてあってさらにテンションアップ。「最近のコタツは・・・・え?赤くならないのに温かい!」などと首まで浸かってごろごろしてるうちに寝てしまっていた。

叩き起こされて晩飯。
雰囲気が良くて気に入った宿だが、そーいえばメシも美味かったことを思い出す。
DCIM1518.jpg
(このあともジャンジャカ出てきます)

魚も肉もヨメの分までたらふく食べ、ベテラン仲居の話術に釣られて普段より余計に酒を飲み、夜は更けていった。


ただ、完全にははしゃぎきれない要因があって、それは、実は翌日は仕事だという点。

月曜日に有給申請してあって確かに一旦は受理されていたのだが、身内に不幸の訪れた人が重なった為どうしても人員の都合がつかないというので、有給が取り消され月曜日も仕事する羽目になっていた。 ヨメの半狂乱などカンカンガクガクあったが結局、朝6時にチェックアウトしてそこから直接仕事に行くことにした。

なので、朝風呂も散歩も朝食も二度寝もぜーんぶナシ。後ろ髪引かれまくりだが、仕方ない。またきっといつか改めて来ることにしよう。 まだ薄暗い中を高速ぶっ飛ばして会社に向かった。 旅館から出社するというのは、贅沢なのか。残念なことなのか。 お昼に、宿で作ってもらったオニギリ弁当を食べた。


仕事終わって家に帰ってから、M1グランプリが日曜日に放送されていたことを知った。がびーん見逃したー そーいえば宿に居る間全くテレビつけてないもんなあ。
関連記事

コメント

そこって
別館みたいなところに貸し切り岩盤浴ある所じゃなかったでしたっけ
今は高速も繋がったので、うちの前は通らなかったんだろうなぁ(笑)
城山で降りれば和倉まで十分位ですし、近くなったもんだ
正解です!
ふつうの貸切風呂と、岩盤浴付き貸切風呂の2種類あるって書いてあったけど、おれらが行ったときはどっちが良いかも尋ねられず問答無用で普通の(岩盤浴でないほう)貸切風呂に通されました。

能越道、大変重宝しております。七尾が近くなった!タダだし! 早く城山IC(or七尾IC)と和倉IC側もつなげてほしい。 確かにもうぜんぜんR160通らなくなりました(笑)

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。