FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残業代欲しいけど、早く帰りもしたい

例の「地域を支える大工場」がなんかプラントのトラブルとかで、そこ行きの配達の仕事が激減している。 年末にもしばらく不調で止まっていたが、またしても。 お蔭で、ヒマ。
しかしこのヒマさ加減はそれだけじゃ説明のつかない感じ。配車表すっかすか。 みんなで「中国ヒマになったからじゃね?」などと言いあっている。

まあ、先週はとんでもないゲリラ豪雪のおかげで心身ともにクッタクタにさせてもらったので、とりあえずのんびりできるときはのんびりしようじゃないか~という空気が運転手の間には漂っている。(会社は焦ってるのかもしれんが)

例によって午後2時前には今日の配達、明日の準備、全部終わって、ボスの「じゃやることなくなったし、伝票整理して終わるか~」の一言を待つのみとなった。 倉庫の裏の道にヘッドを停めて待機。 もうずらずらっと何台も並んでいる。

会社の整備管理者から電話。
「そのクルマ、コンプレッサがエア漏れしてて、今、仮の部品で応急措置してある。頼んであった部品来たって言っとるから、日野に持っていってほしいんやけど、4時ごろまでに入れるか?」
「いますぐでも行けます(笑)」
「(笑)じゃ、日野に今から行くって連絡しとくから、修理終わるまでそこで待っとってくれ」


このまま終わったら残業代もつかないところだったが、日野で修理を待ってれば2時間か3時間ぐらいは残業つくし、しめしめラッキーと思ってすかさず日野へ向かった。またファミコンウオーズ続きしよーっと。


事務所に寄って、来意を伝える。「なんか部品来たって聞いたんで修理に来ましたー」「あー はい」

ここで普通は、部品交換や軽微な修理などなら、「じゃあ、あちらの待機所でしばらくお待ちください」となる。
または、次の日そのクルマの仕事を止めて一日かけて修理するような場合や、翌日の車検の為にトラックを運び込む場合には、トラックを置いて、代車(軽四)を貸してもらって自力で会社まで戻ることになる。(修理終わったら、工場の人がトラック運転してうちの会社まで来て、その代車に乗って帰る)

ケイタイとDSと財布持ってトラック降りて待機所に向かおうとしたら、いつもの軽四がスタンバイしてる。しかも運転手付き!
あららら。そーなんすか?会社まで送って頂けるので? 荷物一式全部まとめて降ろし、送迎車に乗り込む。「お願いしまーす」

この整備工場もヒマだったのでしょうか。運転手まで付けてくれる余裕があったようで。 おかげさまで残業代稼ぎに失敗し、会社に3時前に戻ってきてしまって、事務所の人間から「お、早いのー」という目で見られる始末。 ま、早く帰れるぶんには文句ありませんがね。


たんに春節のせいで物流が止まっているだけの説もあり。地元港の航路は中国・韓国・ロシアのみなので、中国からの荷物が来なけりゃそりゃヒマにもなるわなという話。 ただ、毎年この時期こうだっけ??というのは全く記憶にない。
関連記事

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。