FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京旅行1

ヨメの誕生日に旅行に行くことになった。
ヨメ「東京でいい?」
おれ「お、おう・・・」
最近田舎とか里山的なとこへの旅が続いたので、しょーがない。街の番。 東京って言われても行きたいトコもしたいコトも思い浮かばないが、誕生日だからとか言われたらもう拒みにくい。

「どこか行きたいとこある?」「いや・・・別にない」「ディズニーでもいい?」「それだけは勘弁して」「じゃあ東京駅ね」「は、はい」

・・・ということで、開業から10か月。ようやく北陸新幹線に乗る機会がやってきた。

DCIM1577.jpg
新高岡駅発 東京行き はくたか

車内販売でヨメは海鮮系のチラシ寿司みたいな弁当、おれは消去法で焼き鯖寿司を買う。
焼き鯖寿司。福井の名物。あちこちでしょっちゅう目にしていたが、「あーはいはい、押し寿司ね、そりゃ美味しいでしょうよ、食べんでも分かる分かる」と軽くあしらう感じでいつも素通りしてきた。実際に食べたことは無かった。 押し寿司といえば鱒寿司だろーがフンッという気持ちも心の片隅にあったかもしれない。

すいませんでした!焼き鯖寿司さんと関係者のみなさん。

無心で貪り食った。めっちゃ美味かった。 恐らく一番のポイントは、あらかじめ一口サイズに切り分けられている所ではないだろうか。サバと酢飯の量、バランスが口の中で噛みしめるのに丁度いいサイズになっている。 この切れ目が無かったらたぶんオレは棒寿司一本手に持って端からそのままガブガブ一気食いしてしまって、「味わう」なんてことをしなかったことだろう。
 
今回ほど食わず嫌いを後悔したことはなかった。 強いて言うなら・・・強いて残念な部分を挙げるとするならば・・・食後しばらくしてから蘇ってくるサバ風味のゲップ、ぐらいか。

人生3度目の新幹線。全然関係のないところでむしろ興奮してしまった。 気が付いたら東京駅。さすが早いねー


ヨメが東京で行きたいトコとして挙げていた場所の内の1つに行く。 東京駅すぐ近くの三菱一号美術館というとこで催されていた、プラド美術館展。 ややこしいが、「プラド美術館」の収蔵品が今「三菱一号美術館」にあるらしい。 へー

なんかすげーいっぱい人並んでんですけど! レストランこんなに並んでんの?ぷ! なに? え? 美術館の列? 30分待ち?? これみんなプラド美術館展を観に来た人???

地元でいつもガラガラの美術館にしか連れられて行ったことがなかった。美術館というのはむしろ空いてる場所というイメージしかなかった。 いきなりカルチャーショック。 東京は美術愛好家が多いの? 単に人口が多いから? それともプラド美術館というヤツがすごいの? ・・・よく分からんが黙って行列に並ぶ。 本当に30分待った。 入場券買って中に入る。

うわ!中もすごい人口密度!
なんなんだコレ。昼時のコンビニのレジ前みたいだな。そら入場規制もかかるわな。 1つの絵に何人も群がっている。 1つの部屋を観終わって次の部屋に移っても同じ。またぎゅうぎゅうの人。 絵の前にへばりついてる人が隣の絵に移動して自分が絵の前に立てる権利を獲得するまで待っていると果てしなく時間がかかりそうなので、ちょっと離れたトコからなんとなく眺めて観た気になっては次の絵に移る。 価値は全く分からんが、一応全部の絵は、観た。何百年も前の油絵が今でもそのまま残ってるってのがスゴイなーと思った、ぐらい。 解説が聞ける装置を借りてまで回ってる人もかなり多かった。みんな本当に好きで来てるのね!
 ヨメも好きで来ているはずなのだが、セッカチさんなので、一つ一つじっくり観ようとはしていない。むしろおれより先を歩いている。

最後の部屋を出た先の売店でヨメが絵はがきを買う。←たぶんコレがしたいだけなのかもしれない。 いつも、観た中で一番気に入った作品のレプリカ絵はがきを買い集めておられる。

人混みといういきなりの洗礼。 建物から出て、おもいっきり深呼吸した。 

つづく
関連記事

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。