FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさら能登観光(1)

有給残り4日を、3月中に消化しなければならない事態になっている。
ので、毎週土曜日になったら誰かのピンチヒッターでいろんなトラックに乗り替わりさせられる・・・っていう2月までの状況から一旦抜け出して、ここんとこ週休2日状態が続いている。

ヨメ「どっか泊りに行こう!あんたのカネで」
おれ「じゃ氷見の民宿行こう!安近短!」
ヨメ「あまりにも近すぎて非日常感がない。断固反対」
おれ「じゃーおめーもカネ出せやー」
ヨメ「カネを出すからには、口も出す!」

かちゃかちゃかちゃ、ちーん
近場でいろいろ検索した結果、輪島高州園が3日前でも予約取れたので行くことになった。

最近無料化された「能登有料道路」(もう有料ではなくなったので、名前も「のと里山海道」に変わりましたけど)通って行けば2時間ぐらいで着くと思うが、そんなに慌てる必要もないので下道で行く。 というより、最近もう仕事で能登方面行くのにほぼ「能越道」&「のと里山海道」しか通っていないので、むしろR160やR249を全然走らなくなっている。 懐かしい道を思い出しながらのんびり輪島へ向かう。

当初のおれの案で泊まろうと思っていた民宿が、ランチもやっているのでそこに寄ってお昼を食べることにする。
カレーを頼むと、「いま、ちょっと、できません」 はあ? カレーなんて一番簡単ちゃうの? 逆に言えば業務用やレトルトを使っていないということなのか? 代わりにシロエビかきあげ丼を頼む。 ヨメは紅茶とケーキ。 昼飯を抑え目にしておかないと晩の御馳走までに胃袋の調子が整わないらしい。

崖の上に立つ建物。窓の下はすぐ海。 この時期には珍しい青空を眺め、波の音を聞きながら、シロエビ丼をかきこむ。
DCIM1719.jpg

ヨメがトイレから帰ってきて小声で、
ヨメ「やっぱここに泊まらんでよかったわ」
おれ「なんで?」
ヨメ「建物とかアレやし」
おれ「『民宿』ってそーゆーところやからねえ」


能登島通り抜けたり(能登島大橋から入ってツインブリッジ能登から出る)、道の駅寄ったり、ウロウロしながらR160とR249を走る。エッソやジョモのローリー乗ってる時はイヤんなるぐらいしょっちゅう走った道。 コンビニの看板が変わってたり、新しい店が出来てたり無くなってたり、とにかく懐かしい。
それでもちょっと早めに着きそうだったので、ホテルの前を一旦通過し、千枚田に寄る。

DCIM1724.jpg

直前に、「渋滞の恐れあり。千枚田パーキングに行く人は左に寄って待て」的な看板があった。
そもそも、以前はこの辺にはこんなパーキングも展望台もなかったはず。 去年だか一昨年だかのNHKのドラマと、新幹線開通の影響で、ここにもわんさか人が訪れたのだろう。 お土産屋の売り子のオバチャンの客アシライに妙に慣れた感じから、当時の盛り上がりの凄さがちょっとだけ垣間見えた気がした。 揚げ浜塩田で作られた塩と、梅干しを買う。


チェックイン開始と同時に突撃。
3日前に予約したというのに、部屋に案内されてあーらびっくり最上階。
DCIM1738.jpg
オーシャンビューとカモメの舞いでお出迎え。
↑こんな、さんざんタイミング見計らって写真撮らなくても、カモメがなぜか人懐っこい。

DCIM1731.jpg
つぶらな瞳とつるつるの肌が可愛い。 何度もぐるぐる回って目の前飛んでくれるし、気がついたら手摺りに止まったりもする。 人に慣れすぎている。餌付けでもされているのだろうか。
ピンポイントで人のいる部屋に寄ってきたり、あまりにもつるつると整いすぎた容姿のせいで、「もしかしたらこれ、ラジコン?ロボット鳥? もしくは新手のドローン?」などと思ってしまった。


部屋でのひとはしゃぎが一段落したら、館内をうろうろする。そして大浴場へ。
設備も建物も人もサービスも雰囲気もエレベーターの中の匂いまでも・・・何もかもが昭和の「THE観光ホテル」といった風情。良い意味でも悪い意味でも。 おれは好き。

そして待ちに待った晩メシ。
n7sp.jpg
(写真:公式HPより)

アワビの踊り食いつーのが初めてだったなあ。ノドグロの塩焼きも美味かった。 ヨメが食い切れなかったおかず達もやっつけつつ、結局おひつカラにした。

なんか芋焼酎は違うかなーと思ったので、調子に乗って飲めない日本酒なんて(しかも熱燗で)頼んでしまったが、そもそもおれは肴で酒飲む派ではなく、オカズでご飯食う派である。酒なんて無くても生きていける種族である。 最初に「お飲み物はどうしますか?」ではなく、「お酒でいきますか?ご飯でいきますか?」と聞いてくれるシステムの店があってもイイのではないか? こんだけオカズあれば相当バクバクご飯いける。 結果的に満腹になるのが早くなるかもしれないが、満足度もそっちの方が高いはず。

つづく
関連記事

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。