FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火星の人vsオデッセイ

2015年に読んだ小説の中で一番おもしろかったのが、「火星の人」。

それを原作にした映画(オデッセイ)ができると聞いて、久しぶりに映画館で映画を観たいと思った。 ヨメを誘おうにも、恐らくSFにも火星にもサバイバルにも興味ないだろうし、サイアク一人ででも見に行くつもりではいた。しかし、なかなかタイミングが見いだせずにいた。 ある日ふと心配になって新聞の映画欄を見たら、次の金曜日で終わると書いてある!土曜から違う映画に切り替わるみたい。 やべーあぶねー見逃すとこだったー

とはいえやってるのは昼間とレイトショー(20:30開始)のみ。 朝早い仕事なので、どっちも厳しい。 土曜日が運良く仕事休みになれば金曜日の夜に行くことにしようと決めた。

が、金曜日の昼に、会社より無情の電話。「明日も仕事やで。そんなアマないで」

しかし、割と朝が遅めの仕事内容だった。不幸中の幸い。 無理をすれば前夜突撃できないこともない。20:30開始なら23:00に終わるとして、23時半に寝れば5時半起きとしても6時間は寝れる。ジューブンではないか。


仕事終わってさっさと家に帰って、出かける準備。
が、晩メシ食ってる最中に大ゲンカ開始。いつものことだが「リコンする」「実家カエル」の言葉が飛び交う。(飛び交うというか、一方的に飛んできて、おれはそれをひょいひょいと避けてるだけなのだが)
上映開始時刻になっても終わらなかったので、オデッセイは諦め。まあ、間に合う時刻に鎮火していたとしても行く気にはなれなかっただろうけど。 しゃーない、いつかDVD出たらそれで観ればいいわ。



数日後。仕事中にヨメからメールが来た。
「オデッセイまだやってるよ!」
「まじ?」
おれは新聞の映画欄の見方をよく分かっていなかったようだ。

1週間後の土曜日。次の日はもちろん休み。ゆったりとレイトショーを楽しめた。 唯一心配だったのは疲れ&夜遅すぎて途中で眠くなるor寝てしまうことだったが、そんな心配も全くなくのめり込めた。 ヨメは隣で展開に付いていけないor完全に興味を失った様
子で眠気と闘っていた。  家でDVD観る日が来たらいちいち解説してやることにしよう。


んー でもやっぱり小説版のほうがおもろいな。
関連記事

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。